FXGT仮想通貨のマーケットデプスという独自のスプレッドの仕組みについてわかりやすく解説!

GEMFOREXを始めよう!

FXGT

新規口座開設1万円ボーナスキャンペーン開催中!
100%Welcomeボーナスキャンペーン開催中!
70%Welcomeボーナスキャンペーン開催中!
50%Welcomeボーナスキャンペーン開催中!
Loyalty30%ボーナスSupercharger開催中!
Loyalty20%ボーナス開催中!
賞金総額3000万円 公式トレード大会エントリー期間中!

FXGT仮想通貨では「マーケットデプス」(Market Depth)という独自のスプレッドの仕組みが採用されていますが、これについてわかりやすく解説していきます。今までFXだけやられている方であればあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、FXGTで仮想通貨のトレードをする前に必ず知っておくべき内容ですので、特にこれから仮想通貨を始められる方は是非本記事をご参考ください。

尚、FXGTビットコインのpips計算ダイナミックレバレッジスワップポイントに関する記事についても別途公開してますので、もしよろしければ合わせてご参考ください。



FXGT仮想通貨のマーケットデプスとは何か?概要について

ゲムフォレックス お祈りウサギ

まず、マーケットデプスとは何かをざっくり言うと、相場の流動性に応じてスプレッドが変動する仕組みで、ロットが小さいとスプレッドは狭く、ロットが大きいとスプレッドが広くなります。

このマーケットデプスによってFXGT仮想通貨では業界最狭のスプレッドを実現しているわけですが、注文するロットが小さい時はいいのですが、ロットが大きくなるにつれてスプレッドが拡大して不利になるという性質でもあるという点で要注意な仕組みでもあります。

具体的にどれくらいのロットでどれくらいスプレッドが狭くなったり広くなったりするのかや、大ロットのトレードをやる上で対策できることはないのか等いろいろ気になるとは思いますが、順々に説明していきたいと思います。

FXGT仮想通貨のマーケットデプスの計算式・計算方法について

GEMFOREXわーい

マーケットデプスの計算式概要・板注文画面について

まず、FXGTマーケットデプスの計算式は公式サイトには下記のように掲載されています。
※一部翻訳ミスと思われる個所をこちらで訂正してます。FXGTに指摘済みなのでいずれは直っているとは思いますが・・・

まあいきなりこんな公式だけ見せられたってわけわからないですよねw というわけで、実際にMT5を見ていきますが、まず上部メニュー「表示(V)」か右クリックメニューから板注文画面を開きます。マーケットデプスのロットによるスプレッドはこの板注文画面から計算できるようになっています。

FXGT MT5板注文画面

尚、板注文画面を使ったことがない方向けに簡単に説明させて頂きますが、買いと売りの価格が上下10段ずつ並んでおり、その右側にあるボタンをクリックするだけで、その価格での注文(リミット・ストップ)を入れることができます。

FXGT MT5板注文画面の使い方説明

あと画面下にはワンタッチトレードパネルと同じものがあり、さらにtp(テイクプロフィット=利確ポイント)とsl(ストップロス=損切りポイント)も同時に入れることができ、成行でも指値でも特にスキャルピングをするにはとても便利なツールです。

ただ、今回はマーケットデプスの計算をする為にこの板注文画面を見ていくのですが、まずは一番計算が簡単な(というより計算不要w)低ロットのパターンから確認していきます。

低ロットの時のマーケットデプス計算方法

下記の通りBTCUSDBid:49162.02/Ask49186.39の時、板注文画面で赤色最下段に表示されている1.32ロットでロングした時の約定価格はそのまま49186.39になるのですが、FXGTで提示されている公式に敢えて当てはめると下記のような計算式になります。

FXGT MT5板注文画面でマーケットデプスの約定価格計算方法(低ロット版)

まあ要するに板注文画面の赤色の最下段」=「ワンタッチトレードパネルの右側(BUY)」の価格で約定し、スプレッドワンタッチトレードパネルBIDASKの差ということになります。

そんなの当たり前でしょ!と思うかもしれないのですが、ロットが大きくなってくるとそうではなくなるので要注意だということをこれから説明していきます。

大ロットの時のマーケットデプス計算方法

下記はBTCUSDBid:50957.71/Ask50987.22の時、 板注文画面で赤色下3段分の合計6.87ロットでロングした場合の約定価格がいくらになるのかの具体的な計算式です。

FXGT MT5板注文画面でマーケットデプスの約定価格計算方法(大ロット版)

これが赤色最下段の0.95ロットでロングしたら50987.00で約定するのですが、6.87ロットだと51015.80で約定します。成行でも指値でも約定価格は51015.80になります。

つまり、0.95ロットの時はスプレッドが29.51ドルなのに対し、6.87ロット58.09ドルということになります。ロットがもっと大きい場合でも同様の計算方法になりますが、ロットが大きくなればなるほどスプレッドも広くなって不利になります。まあ要するに低ロットの時に業界最狭スプレッドになる一方で、大ロットの時は割を食う仕組みということですね。

試しに、デモ口座で6.87ロット注文した時に本当に不利な価格で約定するのかどうか確認してみます。下記MT5板注文画面で、赤丸のボタンをクリックして6.87ロットショートの指値注文を入れてみました。注文価格はご覧の通り49562.97ドルですね。

FXGT マーケットデプス 大ロットエントリー1

下記が約定した後の画面ですが、ショートの指値注文が49531.93ドルで約定していて、指値価格よりも31.04ドル下ですね。スプレッド分が加算されて不利な価格になっているのがわかるかと思います。

FXGT マーケットデプス 大ロットエントリー2

ちなみに、エントリーの時だけではなく、イグジットの時もスプレッドが加算されるようです。下記はイグジット後の取引履歴ですが、含み益が35,000円くらいの時に決済したつもりだったのに、取引履歴を確認したらそんなバカな!といった感じですねw

FXGT マーケットデプス 大ロットエントリー3

FXGTのマーケットデプスの仕組みを知らずに大ロットでトレードすると最初はビックリするかもしれませんね。大ロットでのトレードにはこういう罠があるので要注意です。

実際の相場での細かいマーケットデプス計算方法【2021年12月11日追記】

FXGTのサポートにマーケットデプスの細かい仕様について確認した結果、公式サイトに載っている公式や例だけでは実際の相場で当てはめて計算するには不十分な内容だと思われますので、念の為実際の相場での細かい計算方法についても追記させて頂きます。

下記の公式だと、注文するロット数が、板注文画面に表示されているロット数を足し算する前提になっているのですが、実際にトレードする際に板注文画面を見て足し算してロット数決めてエントリーするなんてありえないことですからねw

というわけで実際にやってみました。

下記はBTCUSDで、5ロットロングの指値注文(48,560.22)を出した時の約定価格がいくらになるのかの計算式です。
※あくまでスクリーンショートしたタイミングで出てきた板注文画面での計算式であって、実際にはズレるのでご注意ください。

FXGT マーケットデプス 細かい計算方法1

板注文画面で赤色の下から3段目のところのロットを1.18として計算しているのですが、ここがポイントです。

赤色下3段のロットの合計は1.02+2.80+3.26=7.08ですが、3段目3.26未満の半端な金額になっても、この3段目に記載の48,610.85で計算される仕組みとのことです(FXGTサポートに確認済み)。

その結果出てきた理論上の約定価格48,597.64になるのですが、このロング指値注文が実際にいくらで約定されたのかを確認します。

FXGT マーケットデプス 細かい計算方法2

注文価格から19ドルスプレッドが上乗せされた価格で約定されましたが、想定していた約定価格よりは18ドル低いですね。まあこれくらい誤差はご愛嬌だとお考えくださいw

一応約定してから10秒後くらいにはスクリーンショットした画像で計算しているのですが、10秒でも板注文画面の数字は目まぐるしく動いてますので、ピンポイントで正確な数字を割り出すのはほぼ不可能ですので・・・

ちなみに、ロングだったら赤色最下段に表示のロット以下なら右側の価格がそのまま約定価格ということになるのですが、これについては下の項目を続けてご覧ください。



FXGT仮想通貨の大ロット注文は小分けすれば狭いスプレッドでいける!【マーケットデプス対策】

ゲムフォレックス OK

じゃあFXGTの仮想通貨は小ロットトレーダーが有利で、大ロットトレーダーはお呼びではないのかというとそういうわけではなく、1ポジション1ロット程度で小分けに注文していけばこのスプレッド拡大問題は解決できます!

試しにBTCUSD1ロットのロング指値注文を7本入れてみました。板注文画面でロットを1.00と入れて、赤丸のところを7回連打しました。下の赤枠の価格が約定した時に変わるのかどうかに注目です。

FXGT マーケットデプス 小分けで注文1

下記の通り指値注文が約定してますが、注文価格とほぼ同じ水準ですね。それどころかむしろ注文価格より少し有利な価格になってますねw まあこの辺はロットやその時の相場の流動性による誤差の範囲内だと思いますが・・・

FXGT マーケットデプス 小分けで注文2

というわけで、小分けに注文していけばスプレッドが不利になりません。FXGTの仮想通貨は最大100ポジション(GEMFOREXの最大ポジション数は30)までいけますので、大きめのロットで勝負したい方はこのように小分けで注文していきましょう!

2022年11月28日(月)更新

現在FXGTでは以下キャンペーンを開催中!

新規口座開設1万円ボーナスキャンペーン【期限:2022年12月1日】

100%Welcomeボーナスキャンペーン【期限:未定】

70%Welcomeボーナスキャンペーン【期限:未定】

50%Welcomeボーナスキャンペーン【期限:未定】

Loyalty30%ボーナスSupercharger【期限:未定】

Loyalty20%ボーナス【期限:未定】

賞金総額3000万円 公式トレード大会【エントリー期限:2022年12月13日】

仮想通貨の取引ならFXGTが一番有利なのでお薦めです!

GEMFOREXにも負けじとFXGTも入金ボーナスが結構充実してますので、有利なトレードができるようにFXGTについても賢く利用していきましょう!




FXGTでトレードする主なメリット

  • 仮想通貨のスプレッドが業界最狭で種類も豊富!
  • 多くの仮想通貨銘柄・ゴールドがゼロスワップ!
  • CryptoGTで仮想通貨の運営実績!
  • 24時間365日トレードが可能!
  • サポートも24時間365日対応可能!
  • 仮想通貨で入金が可能!
  • MT5で取引が可能!
  • 最大レバレッジ1,000倍・証拠金維持率20%でゼロカット!
  • 法定通貨ペア・CFD銘柄も種類が豊富!
  • 入金ボーナス・宝くじ・トレード大会等の多種多様なキャンペーン!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました