フラッシュクラッシュの前兆を探る!発生時間帯・原因・対策は?大儲けできるチャンス?ドル円大暴落時(2019年1月3日)のチャートから解説!【FX】

ゲムフォレックス 正月

GEMFOREX

新規口座開設2万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2022年12月31日(土)23時59分59秒まで

年末年始等の薄商いでよく起こるフラッシュクラッシュ前兆を過去チャートから探っていき、大儲けできるチャンス等があるのかどうかを見ていきたいと思います。

フラッシュクラッシュといえば、薄商いの時に売りが売りを呼ぶ、もしくは買いが買いを呼ぶ一方的な展開になって爆発するイメージがありますが、そもそもこれが起こる原因は何なのか?前兆はないのか?大損を防ぐ為の対策、もしくは大儲けできないのか?をこれから説明していきます。

尚、本記事のフラッシュクラッシュとも関連性のある話題であるGEMFOREXゴールドのスプレッド狩り日銀の為替介入のドル調達手段GEMFOREXでトルコリラが大暴落で取引停止について興味のある方は下記よりご参考ください。



フラッシュクラッシュとは何か?発生時間帯・原因について

困ったペンギン

ドル円(2019年1月3日)大暴落時のチャートで特徴を確認

フラッシュクラッシュとは、いきなり一方通行の大暴落か大暴騰の大相場になって、その後は長い下髭か上髭を作って大反発するような値動きのことを指します。

別に年末年始だけではなく、日本のお盆休みだったり、注目の大イベントや重要指標等の流動性が低くなりそうな相場では起こることがありますが、今ちょうど年末年始ということもあるので、2019年1月3日ドル円で起きた大暴落を例に見ていきたいと思います。

下記はドル円1時間足のチャートです。

フラッシュクラッシュ ドル円1時間足_2019年1月

当時のドル円は12月半ば辺りから一方的な下落トレンドになっていたのですが、年明け後の1月2日はそこまで大きなならなかったところから、1月3日の早朝7時台にいきなり下降チャネルの下限ラインも下抜いて限界突破して一瞬で4円暴落しました。

ちょうど箱根駅伝復路6区の山下りの中、ドル円も猛烈な勢いで山を下っていきましたが、この時ばかりは正月からもう駅伝どころじゃない状況でしたねw チャート見たらいきなり景色が変わってて青天の霹靂みたいな感じでしたからw

また、フラッシュクラッシュの大きな特徴として、一方的な大暴落(大暴騰)の後に必ず大きな反発がくるというのがあります。上のチャートでも、4円大暴落してから7時台のうちに2円戻して長い下髭を作ってきており、その後もジワジワと戻して全戻ししているのがわかるかと思います。

フラッシュクラッシュの発生時間帯・原因は?

フラッシュクラッシュは薄商いの流動性が低い時に発生しやすいとも言えますが、重要指標やイベント等で決まった時間帯がない場合は、やはり早朝のオセアニア時間帯は要注意ではないでしょうか?このドル円暴落時もちょうどそのオセアニア時間帯です。

また、相場参加者の少ない薄商いの時がなぜ要注意なのかについてですが、それは相場が買い注文と売り注文のマッチングによって成り立っている仕組みだからです。薄商いだと買い注文を出してもマッチングできる売り注文が近くの価格帯になく、値が飛び飛びになりやすく、いきなり大きく動いたりします。そういう相場はテクニカル分析が効きにくくて再現性の高いトレードが難しいので、年末年始や大イベント等の流動性が低くなる時は避けるトレーダーの方が多いのはその為です。

ただ、流動性が低い時がフラッシュクラッシュが起こりやすいから要注意だとしても、そもそもフラッシュクラッシュが起こる原因というのは正直よくわかっていません。現代の相場はコンピューターのアルゴリズム取引が全盛の時代で、何かがきっかけでこのアルゴリズムの制御がかけられなくなる時があとも言われてますし、大口が薄商いを意図的に狙って仕掛けてるのかもしれません。



フラッシュクラッシュの前兆を探る!対策は?大儲けできるチャンス?

ゲムフォレックス 正月

ドル円(2019年1月3日)大暴落時のチャートから読み取れる前兆と対策

フラッシュクラッシュはボラティリティーがとても大きくなるだけに、もし前兆がわかるならその相場で逆張りするのを避けられり等対策を立てられますし、もしくは大儲けできるチャンスだと考える方も多いかもしれませんね。

まず、フラッシュクラッシュ前兆がチャート上で現れるかどうかはケースバイケースかもしれませんが、テクニカル分析で確認できる場合もあります。2019年1月3日ドル円大暴落前ではそれっぽい箇所がありましたので、これを一例として下記日足チャートを見ていきます。

フラッシュクラッシュ ドル円日足_2019年1月

2018年3月26日104.6に底打ちしてからは上昇トレンドになっていて、12月まで下値を切り上げる展開が続いていました。しかし、10月114.5で天井打ってからは高値を切り下げており、上記チャートの通り高値切り下げ下値切り上げで拮抗して三角持ち合いになっていました。

下値切り上げラインの起点は5月29日なので、半年以上ここのラインでのサポートが機能しているわけですが、逆に言えばこのラインを下に割ってきたらロングのストップがいっぱい溜まっている可能性が高く、トレンド転換して大きな値動きになりやすいとも考えられます。

三角持ち合いを下ブレイクしてきたのが12月20日で、ちょうど流動性の低い年末の時期に差し掛かってます。流動性が低いと何が起こるかわからないからちょっと不気味ですね~とはなるのですが、 まあだからといって実際にこの後フラッシュクラッシュがくるのかどうかなんて誰にもわかりませんけどねw これはちょっと危険な匂いがするから手を出さないで様子見にするという判断ができればそれで十分だと思います。

ちなみに、この後のドル円の値動きでさらに危険だと思われる箇所は2つあります。

まず、日足200SMA(黄色の線)上で揉んで大きめの陽線を作ってきて、これは暫く反発局面かと考えそうな形から騙しになって下に抜けてきてる点ですね。ほぼレンジなしでここが簡単に決壊するなんてそんなバカな!年末ヤバすぎでしょ!とかそんな感じですw

次に、その下のスーパーキリ番の110水平線(オレンジ色)を引いてますが、ここはさすがにすぐには割ってこないだろうと考える方が多そうなところで、大晦日にまさかの一発ブレイクがきましたw まあその上の200SMAを簡単にブレイクしてきていて、明らかに普通の相場ではないので、まさかというほどではないのかもしれませんが。とはいってもさすがに売られ過ぎですし、年明けから相場の雰囲気が変わって反発のお年玉相場がくるだろうと期待してたロンガーも多かったんでしょうね。

この後実際にセリングクライマックスがくるのかどうかはともかくとして、年末のタイミングで日足200SMA110もほぼレンジなしであっさりブレイクしてきてる時点で危険な値動きだというのは察知できると思います。また、上記は日足で説明してますが、毎日チャートを見ていれば短期足の値動きでもいつも雰囲気が違うというのはなんとなく察知できるのではないかと思います。5分足を見ていても値が飛ぶとか、売り圧力が異常過ぎるとかw

フラッシュクラッシュは大儲けできるチャンスなのか?取引の際の注意点は?

フラッシュクラッシュはボラティリティーが大きいから確かに大儲けできるチャンスでしょうし、中には心待ちにしてるトレーダーもわりと多いのかもしれませんねw

まあでもリアルの相場だと大暴落・大暴騰がどこで止まるのかもわかりませんし、長い下髭(もしくは上髭)つけてこれはセリングクライマックス(もしくはバイイングクライマックス)っぽいかなと判断できる状況になっても暫くはスプレッドが物凄く開いてたりしますw

私自身はこういう普通じゃない相場は敢えて手を出す必要はなく、相場が落ち着いてからトレード再開すればいいとは思うのですが・・・敢えて手を出すならセリングクライマックス(もしくはバイイングクライマックス)の可能性が高い(つまり底打ちか天井打ち)と判断できる状況になってからの逆張りの方がいきやすいかなと思います。

フラッシュクラッシュの相場で、値頃感で落ちるナイフを拾いにいくのはリスク高すぎるのでやめた方がいいです。実際にはどこで流れが止まるのかなんてわかりませんし、養分のストップロスを全て狩り取るまで行き過ぎることもよくありますので・・・

但し、リアルタイムでセリクラバイクラかの判断の精度を上げるにはやはり相場経験というか、場数が物を言うのではないかと思います。上記のドル円なら日足で判断してもいいとは思いますが、もっと下の方でロングを仕込みたい、もしくはもっと時間軸の短いデイトレード・スキャルピングで獲りにいきたいということであればよりそういったことが大事になってきますし、過去チャートでどういったパターンがセリクラ・バイクラなのかということもよく確認しておくと良いかと思います。

あくまで一例として、ドル円(2019年1月3日早朝7時台)5分足を見ていきます。

フラッシュクラッシュ ドル円5分足_2019年1月

ご覧の通り、早朝7時に相場オープンしてからジリ下げで下降チャネル下限ラインをブレイクしてストップ狩り祭りになり、僅か10分で4円の大暴落がきたわけですが、大陰線の後に強めの陽線がきて、この5分足1本だけで実は2円の大反発なんですよねw さらにもう暫く待つとジリ上げで3円以上の反発になっています。

まあこの5分足だけで判断できるわけではなくて、日足以上で見てちゃんと割るところを割って大きなストップ狩りの値動きになっていることと、止まりそうなところ(ここでは105辺り)で止まっていることを確認した方がいいですね。ロングのストップを狩るだけ狩った後は上がるしかないのがフラッシュクラッシュですので、この特徴を活かしてスプレッドが少し落ち着いた頃を見計らってロングを入れていきます。暴落直後はスプレッドが物凄く開いてるのが要注意で、チャート的にチャンスだと思っても少し待った方がいいと思います。

また、スプレッドも広いですけど、ボラティリティーが物凄く大きいので、ロットの大きさにも要注意です。ゼロカット前提のフルレバでもし上手くハマったら爆益にはなりますが、このやり方で相場で長く生き残るのは至難の業ですので、ここは勝率を重視してその相場の適正ロットに調整した上でポジションを獲る方向でいった方が長い目で見ていいのではないかと思います。まあ考え方は人それぞれで、正解はないと思いますけどねw

まあとはいってもセリクラ・バイクラだろうと判断したところで必ず底打ち・天井打ちする確証があるわけでもないですし、やはりそれなりにリスクは伴います。イギリス国民投票(2016年6月23日)のポンド円の時のように数時間で27円下げることだってありえるわけですし、相場は何が起こるのかわかりませんからねw 再現性が高いと判断してこういう相場の時に参戦するのか、それとも様子見に徹するのかはご自身で判断して頂ければ幸いです。

2022年12月7日(木)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設2万円ボーナスキャンペーンを開催中!

今年の12月もベッカム2周年と称してるだけに200%ボーナスがきましたが、初回入金の方限定(入金上限1万円・ボーナス上限2万円)です。既存ユーザーのみなさまは基本的には100%だと思われます。そして、今年のボーナスの傾向上、毎週1回(場合によっては2回)不定期でくる可能性が高そうでしょうか?また、100%当選の方はこれまで通りボーナス上限200万円(5月末に500万→200万に上限変更済み)です。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2022年12月31日(土)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • 上限200万円の入金100%ボーナスキャンペーンをほぼ毎週開催!
  • 毎年創業月(11月)は入金200%(最大300%)ボーナスキャンペーンを開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • ロースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 招待状が届けばガチでスプレッド0のガチゼロ口座を利用可能!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も国内送金なので中継手数料がかからない!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • 仮想通貨の取引条件は業界トップクラス!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました