FXでパソコンの経費は10万円が分岐点!減価償却&一括償却何年でいくらまで?5つの具体的な計算例を元にありがちなお悩みについて徹底解説!

ゲムフォレックス武士

GEMFOREX

新規口座開設3万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで

海外FXでも国内FXでも確定申告で悩みがちなパソコン経費計算の仕方と、その際に必須の減価償却について、あくまで私自身の考える具体例を元に、注意点含めてわかりやすく解説していきます!

パソコン経費計上するには、前回記事家事按分に加え、減価償却についても考慮する必要があります。確定申告の経験がない方であれば、家事按分とか減価償却とか聞き慣れない単語があったり、経費自己申告制で正解がなかったりと悩みは尽きないかもしれませんが、FX確定申告初心者の方にとって本記事が経費について考えるきっかけにでもなれば幸いです。



FXでパソコンは経費にできる!10万円以上か未満かで計上方法が変わるのに注意!

ゲムフォレックス 空手

FXでパソコンは経費にできる!

FX経費にできるものが少ないのが悩みの種ですが、そんな中でもトレードで使っているパソコン経費にすることができます!パソコンはものによっては結構高額ですし、節税効果が期待できますね!

但し、高額パソコンを買ったら全額経費にできるかと言えば必ずしもそうではないのが落とし穴で、パソコンをトレードで利用する時間の割合家事按分)、金額立場(個人・個人事業主・法人)によって変わってきます。

家事按分については前回記事をご参考頂ければと思いますが、以下金額によってどうやって経費計上するのか説明していきます。

10万円未満なら全額経費計上の対象!

パソコン購入額10万円未満だと消耗品という扱いになり、全額経費計上の対象になります。まあとはいっても、ここから家事按分も考慮しないといけませんので、FX以外でもパソコンを使っているのであれば経費計上できるのはこのうちの何割かということになるのですが・・・

尚、パソコン購入額10万円以上だと資産という扱いになり、耐用年数分割して経費計上する減価償却か、10万円以上20万円未満だと適用できる一括償却か、もしくは青色申告であれば10万円以上30万円未満だと適用できる少額減価償却のいずれかを選択することなります。

減価償却(10万円以上)とは?

減価償却とは、時間の経過とともに資産価値減っていくという考え方です。資産の種類毎に耐用年数(資産が耐えられる年数)が法律で定められており、この耐用年数分割して経費計上します。

下記の通りトレードで使うパソコン耐用年数4年サーバーとして使うのであれば5年)なのですが、パソコン4年経費分割して計上していくことになります。

国税庁 耐用年数表 パソコン1
国税庁 耐用年数表 パソコン2
引用元:国税庁公式サイト「耐用年数表

32万円パソコン購入した場合、32 ÷ 4 = 8万円4年間毎年経費対象になり、トレードで使用した時間の割合家事按分)に応じてこの何割かを経費計上することになります。さらにいえば、初年度開始月からの月割計算することになるのですが、詳しくは下記の具体例をご参考ください。

一括償却(10万円以上20万円未満)とは?

また、資産の購入額が10万円以上20万円未満の場合、耐用年数分割する減価償却ではなく、この一括償却という方法も選択できるのですが、3年経費3分割計上する方法です。初年度開始月月割という概念はなく、シンプルに経費3年3分割することになります。

一括償却資産とは

取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産(国外リース資産やリース資産、少額な減価償却資産を除きます。)については、減価償却をしないでその使用した年以後3年間の各年分において、その減価償却資産の全部又は特定の一部を一括し、一括した減価償却資産の取得価額の合計額の3分の1の金額を必要経費にすることができるものです。

引用元:国税庁公式サイト「一括償却資産とは

18万円パソコン購入した場合、18 ÷ 3 = 6万円3年間毎年経費対象になり、トレードで使用した時間の割合家事按分)に応じてこの何割かを経費計上することになります。

少額減価償却(青色申告で10万円以上30万円未満)とは?

FXトレードの為だけで青色申告されている方は極々一握りだと思いますが、念の為・・・

本来であれば10万円以上資産減価償却もしくは一括償却分割して経費計上するのですが、青色申告の場合は少額減価償却という特例があり、10万円以上30万円未満資産であれば分割せずに全額経費計上することができます。

但し、少額減価償却同じ年度内に適用できるのが合計300万円までで、それ以上の分は通常通り減価償却する必要があります。また、通常の減価償却資産少額減価償却資産年間150万円以上になると償却資産税固定資産税)が別途発生する点にも注意が必要です。

まあトレードの為だけに償却資産資産年間150万円以上もしくは300万円以上になるケースはほぼないと思うのですが、FX以外事業青色申告されている方はご注意ください。



FXのパソコンの経費計算シミュレーション!減価償却・一括償却+家事按分の具体例5つを紹介!

ゲムフォレックス武士

それでは、具体的にFXで使用するパソコン経費計上する際の計算例5つ紹介していきます。尚、以下全てパソコントレードでの利用割合家事按分)は4割トレードプライベートでの利用割合4:6)で統一させて頂きます。

10万円未満の新品パソコン購入!

新品パソコン購入費:8万円
パソコンの利用割合:4割

8万円
全額経費対象になるので、
8万円 × 0.4 = 3.2万円 
経費になります。

10万円以上20万円未満の新品パソコン購入!

新品パソコン購入費:15万円
パソコンの利用割合:4割

15万円
だと減価償却・一括償却・少額減価償却のいずれかになりますが、ここでは一括償却を選択して3年分割します。

利用割合が毎年同じなら3年間経費は下記の通りです。

1年目の経費:(15万円 ÷ 3年) × 0.4 = 2万円
2年目の経費:(15万円 ÷ 3年) × 0.4 = 2万円
3年目の経費:(15万円 ÷ 3年) × 0.4 = 2万円

10万円以上30万円未満の新品パソコンを購入!(青色申告)

新品パソコン購入費:15万円
パソコンの利用割合:4割

15万円
だと減価償却・一括償却・少額減価償却のいずれかになりますが、ここでは青色申告少額減価償却を選択して全額経費の対象とします。

15万円 × 0.4 = 6万円 経費になります。

30万円以上の新品パソコンを購入!

新品パソコンを購入日:6月15日
新品パソコン購入費:40万円
パソコンの利用割合:4割

40万円
だと減価償却になるので、パソコン耐用年数4年分割します。また、購入したのが6月15日月途中ですが、月割端数1ヵ月利用したものとカウントされる為、初年度6ヵ月利用したものとして計算します。

利用割合が毎年同じなら4年間経費は下記の通りです。

1年目の経費(40万円 ÷ 4年) × (6ヵ月 ÷ 12ヵ月) × 0.4 = 2万円
2年目の経費(40万円 ÷ 4年) × 0.4 = 4万円
3年目の経費(40万円 ÷ 4年) × 0.4 = 4万円
4年目の経費(40万円 ÷ 4年) × 0.4 = 4万円

30万円以上の中古パソコンを購入!

中古パソコン購入した場合の耐用年数計算方法下記2パターンです。
※2年未満の場合は一律2年2年以上の場合は端数切捨て

  • 耐用年数 ≤ 経過年数の場合、耐用年数 × 20%
    ⇒4年以上経過のパソコンを購入した場合、4年 × 0.2 = 0.8年
     2年未満の為、耐用年数2年
  • 耐用年数 > 経過年数の場合、耐用年数 - 経過年数 + (経過年数 × 20%)
    ⇒半年経過のパソコンを購入した場合、4年 0.5年 (0.5年 × 0.2) = 3.4年
     端数切捨ての為、耐用年数3年

中古パソコンを購入日:6月15日
中古パソコン購入費:40万円
中古パソコン購入時の経過年数:4年
パソコンの利用割合:4割

40万円
だと減価償却になるので、4年経過中古パソコン耐用年数である2年分割します。また、購入したのが6月15日月途中ですが、月割端数1ヵ月利用したものとカウントされる為、初年度6ヵ月利用したものとして計算します。

利用割合が毎年同じなら2年間経費は下記の通りです。

1年目の経費(40万円 ÷ 2年) × (6ヵ月 ÷ 12ヵ月) × 0.4 = 4万円
2年目の経費(40万円 ÷ 2年× 0.4 = 8万円



FXのパソコンの経費:その他注意点まとめ!

ゲムフォレックス侍

自作パソコンはパーツ毎(10万円未満)に経費になる?

10万円以上パソコン購入したら減価償却になって初年度経費にできるが少なくなるので、敢えてCPU・メモリー・SSD・マザーボード等10万円未満パーツ個別購入し、それぞれ消耗品として経費計上にできないかと考える方も多いのではないかと思います。

しかし、各パーツ単体では機能しないものなので、基本的には一式で考えるべきかと思います。別売りされているものなら取引単位経費計上できるという意見もあるようですが、状況は人それぞれ変わりますし、税務署指摘された時に正当性を説明できる状況なのであればそれでもいいかと思いますが・・・

尚、青色申告であれば30万円未満であれば少額減価償却適用できますし、合計30万円未満に収まるならパーツ毎経費計上したところで青色申告なら特に問題ないかと思います。

20万円未満のパソコン修理代は減価償却不要

パソコン修理代は高過ぎると減価償却対象になってしまうので要注意ですが、20万円未満であれば「修繕費」として一括経費計上ができます。

但し、パソコン資産価値を上げる目的の修理であれば「資本的支出」とされ、減価償却資産の中に含めることになります。

減価償却は消費税込み?なし?

消費税抜きだと10万円未満なのに税込みだと10万円以上になり、減価償却するか否かの判断が変わるからどちらで会計処理すればいいのかについてですが・・・

消費税会計処理には税込経理税抜経理2種類があり、既にどちらか採用しているのであればそれをそのまま使うことになるのですが、消費税免税事業者(売上1,000万円未満事業者)税込経理方式しか採用できません。

既に税抜経理を採用しているわけでもなく、その予定もない殆どの個人の方は、基本的には税込経理で考えておけばいいかと思います。

定額法と定率法のどっちを選べばいい?

減価償却には、定額法・定率法2つ計算方法があるのですが、本記事では定額法を採用する前提で記載してます。

定額法は、単純に『購入価格 ÷ 耐用年数』という計算式で、毎年経費計上するが同じ(初年度だけ開始月からの月割)でわかりやすいのが特徴です。

また、定率法は、初年度経費計上される額が大きくなり、毎年一定の割合で経費計上される額が小さくなっていくのが特徴です。

どちらを選択するのがいいのかはケースバイケースとしか言いようがないのですが、定率法法人もしくは税務署へ届出書を提出した一部の個人事業主しか選択することができません。


以上、FX経費の考え方に正解はありませんが、本記事が確定申告経費について考える際に少しでも参考になっていれば幸いです。

2023年1月27日(金)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設3万円ボーナスキャンペーンを開催中!

2023年1月の初回ボーナスは3万円です。そして、100%ボーナスは3・4週目はともに月曜日・木曜日の週2回パターンがきましたね!週1回か2回かはランダムかもしれませんが、これが2023年の鉄板パターンになっていくのか今後注意しておきたいですね。尚、入金ボーナスの条件が有効期限90日間(口座開設ボーナスは30日間)&オールインワン口座の1口座のみが対象なのは変更なしで、今年から上限額100万円&30日以内に出金申請された方は50%という条件になっているのでご注意ください。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • 上限1,000万円の入金100%(200%)ボーナスキャンペーンをほぼ毎週開催!
  • 毎年創業月(11月)は入金200%(最大300%)ボーナスキャンペーンを開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!
  • ロースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 招待状が届けばガチでスプレッド0のガチゼロ口座を利用可能!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も国内送金なので中継手数料がかからない!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • 仮想通貨の取引条件は業界トップクラス!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました