GEMFOREXでトルコリラが取引停止!どこまで下がる?0円になったらどうなる?10年後は?今後長期保有はありなのか?【フラッシュクラッシュ】

GEMFOREX泣くうさぎ

GEMFOREX

新規口座開設1.5万円ボーナス
上限200万円の入金100%ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2022年9月30日(金)23時59分59秒まで

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ドルトルコリラ(USDTRY)の新規エントリーが2021年12月23日から一時停止されることになりました。ここ最近のトルコリラは大暴落&大暴騰とお祭り相場と化し、去年のコロナショックでの原油に続いて新規エントリー停止の措置となったわけですが、このトルコリラについて簡単に解説していきたいと思います。

尚、去年GEMFOREXで新規エントリー停止になった原油(WTIUSD/BRTGBP)フラッシュクラッシュの前兆に関する記事を別途書いてますので、興味のある方は下記より合わせてご参考ください。



トルコリラが人気の理由は高金利!安い!若い!

ゲムフォレックス ハート

トルコリラが地獄の道一直線な状況なのは次の項目から説明しますが、まずそれにも関わらずなぜトルコリラがそこまでトレーダーから人気を得ているのかについてから説明していきます。

高金利通貨で、スワップポイントが高い!

以下、GEMFOREX・Axiory・XM3社分のUSDTRYスワップポイント(2021年12月23日現在)をMT4から確認しました。
※トルコリラのスワップポイントはよく大きく変動します。あくまで参考値としてください。

ゲムフォレックス USDTRY スワップポイント
GEMFOREX
Axiory
XM

売りスワップ(ドル売りトルコリラ買いのスワップ)を1ロット(10万通貨)当たりの日本円で換算すると下記の通りです。
※1トルコリラ = 10.17円で計算

  • GEMFOREX 3,812円
  • Axiory 6,313円
  • XM 1,927円

つまり、GEMFOREXでこのスワップポイントが続くと仮定すれば、1ロットショートを1ヵ月保有するだけで約11万円の利益、1年間保有するだけで約139万円の利益ということになります。

これだけ聞くと物凄くおいしい話に聞こえますが、では1ロット保有する為に証拠金がいくら必要になるのかを次の項目で見ていきます。

とにかく安い!必要証拠金が低い!(トルコリラ円)

USDTRY/TRYJPYを1ロット保有する為の必要証拠金は下記の通りで、他の主要通貨・商品とも比較してみます。
※USDTRY=11.15、TRYJPY=10.17で計算してます。トルコリラの必要証拠金はレートによって激変しますのでご注意ください。

必要証拠金比較(1ロット) ※レバレッジ1,000倍、2021/12/23時点のレート

ドルトルコリラ(USDTRY) 11,339円
トルコリラ円(TRYJPY) 1,017円
ゴールド(XAUUSD) 20,638円
ポンドドル(GBPUSD)15,354円
ユーロドル(EURUSD)12,927円
ドル円(USDJPY)  11,434円
オーストラリアドル(AUDUSD) 8,267円

ドルトルコリラ(USDTRY)の必要証拠金=ドル(USD)の必要証拠金」ですので、計算上ドル円と同じ金額になるのでここでは比較できないのですが、トルコリラ円(TRYJPY)だといかにトルコリラの証拠金がずば抜けて安いのかというのがよくわかるかと思います。

1トルコリラ=6円まで売り込まれた時のレートで必要証拠金を計算すると、トルコリラ円の必要証拠金はなんと600円です。激安ですねw

当然必要証拠金は低ければ低いほど有利で、ロットも大きくしやすいわけですが、トルコリラ円だと必要証拠金が低い分、スワップポイントも低く設定されており、上の項目のドルトルコリラのスワップをそのまま当てはめていいわけではないのでご注意ください。
GEMFOREXではトルコリラ円の取り扱いがありません。

まあここではドル円と同じ必要証拠金でもこれだけスワポがおいしいと考えておくくらいでいいかと思います。

トルコの将来性に期待大?平均年齢が30歳前後ととても若い!

基本的にハイリスクだと言われる高金利通貨を覚悟を決めて保有するにも、やはりファンダメンタルズの決め手(?)があると心強い部分もあるのでしょうか?

超少子高齢化の日本とは真逆で、トルコの人たちは若者の割合がとても多く、平均年齢が30歳前後ととてもお若いようです。若くて将来性抜群だなんてそれだけで魅力は十分で、ちょうどトルコリラが安くなってるから今がお買い得!と考えてしまってもまあ無理はないですよねw

高金利で、安くて、若い!なんて魅力的な通貨なんでしょう!・・・と前置きはここまでにして、ここから本題に入っていきたいと思います。



GEMFOREXでトルコリラの新規取引が停止に!

GEMFOREX泣くうさぎ

ここ最近のトルコの金融政策&エルドアン大統領の発言に反応して激しく上下動したのを受けて、下記の通りGEMFOREXUSDTRYの新規エントリー停止を決めました。

通貨ペア「USDTRY」の取引停止について

本日は、通貨ペア「USDTRY」の取引停止についてのご連絡です。
大切なご案内となりますので、最後までお読み下さいませ。

この度、以下の日程におきまして、通貨ペア「USDTRY」のお取引を一時停止させていただくこととなりました。
※現在保有のポジションの決済は可能です。

12/23(木)0時
*MT4時間となり、日本時間ではありません。

皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご理解とご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

引用元:GEMFOREXからのお知らせ「通貨ペア「USDTRY」の取引停止について」

トルコリラの取引に制限をかけているのはGEMFOREXだけではなく、国内外の他社でも同様の傾向にはあるのでまあ今更珍しくはないんですけどね。トレーダーのゼロカットの補填で損失を被って、ファンダメンタルズ的に見ても不安定だし、今後も起こりうるから外しておこうと判断したということなのかもですね。

では、次の項目から具体的にトルコリラのチャートを見ていきたいと思います。



トルコリラは長期で地獄の大暴落継続中!どこまで下がる?0円になったらどうなる?10年後は?今後長期保有はありなのか?

困ったペンギン

トルコリラの週足月足から大暴落の現状を確認

まずはGEMFOREXドルトルコリラ(USDTRY)週足チャートから確認していきます。

ドルトルコリラ週足 大暴騰

ヒストリカルデータは過去5年分ですが、高値安値の目安を水平線引いてわかりやすくしてます。ここ5年で見てもひたすら右肩上がりのドル買いトルコリラ売りで、7倍上昇してます。

今月、特に今週のボラティリティーは凄まじく、ここ5年で上げた分を一日で一気に半値戻ししてきました(汗) まだ週足の形は決まってませんが、現時点(2021年12月22日現在)では包み足大陰線となっています。暫くは調整局面が続くのかもしれませんが・・・

次に、トルコリラといえばトルコリラ円(TRYJPY)の方がイメージつきやすい方が多いかもしれないので、Axiory)のトルコリラ円(TRYJPY)週足を使ってみていきます。
GEMFOREXではトルコリラ円の取り扱いがありません。

トルコリラ円週足 大暴落

ヒストリカルデータは同じく過去5~6年分くらいですが、こちらはトルコリラ売り円買いのひたすら右肩下がりのチャートで、価格が7分の1になってますね。

もっと過去のヒストリカルデータも参照にして見ていきたいので、今度はInvesting.comトルコリラ円の月足チャートを見ていきます。

トルコリラ円月足 14年間で94%減!
引用元:Investing.com

月足で見てもまだ2007年10月高値の100円を起点にした下降チャネルを一度も上抜けできておらず、まだまだこのチャネルに沿った下落が続く可能性があると見ざるを得ない状況ではないかと思います。

2007年10月に100円だったところから14年後の2021年12月に6円まで下落してきましたが、なんと94%減少という仮想通貨もビックリの下落率となっています。ビットコインも今年65000ドル⇒29000ドルのドローダウンがありましたけど、下落率という点なら55%減ですからさすがのビットコイントルコリラには及ばないようですね・・・

ちなみに、国内FX業者がトルコリラ円の取り扱いを始めたのがだいたい50円くらいの頃と記憶してますが、ちょうどダブルトップの右の山辺りですねw 高金利を謳い文句に各業者が揃ってお薦めしてましたが、その結果は見るも無残な状況となってしまっているわけですが・・・これで顧客が損してDD業者の利益になってると思うとなかなか罪深いですねw

トルコリラのチャート分析:どこまで下がる?0円になったらどうなる?10年後は?今後長期保有はありなのか?

ファンダメンタルズで見ても、大反発のきっかけになった新預金制度は怪しいからトルコリラは引き続き売り一択!なんて意見をよく聞きますが、ここが大底なのか、それともまだ底なし沼が続くのかの未来は誰にもわかりません。ましてや10年後トルコリラどうなってるのか、ひたすらトルコリラを持ち続けることがありなのかとかそんなことは誰にもわかりません。

これはあくまで私自身の個人的なテクニカル分析での判断に過ぎませんが、上の月足チャートの下降チャネル(2007年10月高値の100円を起点)に沿った値動きが続いているうちは、まだ下落が継続する可能性があると考えるべきだと思ってます。

去年コロナショックで原油(WTIUSD/BRTGBP)0円を割ってマイナス価格になるという事態にもなりましたし、為替で0円割れがありうるのかはわかりませんけど、高金利目当てでロングする人がいる限りは下げる為の燃料があるともいえるわけで、この辺でそろそろ止まるはずだと安易に決めつけない方がいいと思います。時に行き過ぎることが多いのが相場ですから・・・

尚、下降チャネルを上抜けしたら底打ちかというとそういうわけではなく、あくまで下落のペースが弱まる可能性があると考えるのに留めるべきかと思います。ダウ理論で見て、ダウ崩し・逆三尊等の反転サインが月足で確認できればそこからは買ってもいってもいいと思いますが、多分そうなるとしても相当時間かかると思いますけどね・・・

それでもトルコの未来に賭けてロングナンピンしてガチホするんだ!という熱い思いがあるようでしたら勿論止めませんし、全然いいと思いますw 虎穴に入らずんば虎子を得ずとも言いますからね。ただ、確率的に見てもあまり大局に逆らわない方がいいのでは?という問題提起はさせて頂きたいと思います。反転サインを確認できるまで待って、後出しじゃんけんする方向でいくという選択肢もあるのです。



GEMFOREXでトルコリラの代わりになるおすすめ通貨ペアは?

ゲムフォレックス 喜ぶうさぎ

GEMFOREXドルトルコリラ(USDTRY)を新規ポジションを保有できなくなって、一体この情熱をどこに向けたらいいんだ!とお嘆きの方は、その情熱&投入予定だった資金を是非ドル円(USDJPY)に向けて頂きたいです。

勿論ドル円だとスワップポイントは少ないですけど、GEMFOREXならロング・ショートで両方向でプラスです。流動性が大きくて価格も安定していて、ロットを抑えて時には両建てもありでコツコツやっていけばトルコリラよりはリスク低いと思いますけどね。

基本放置したいということならスイングでいくのか、それともデイトレ・スキャル系のEAを使うのかと何が一番合っているのかよく考えるべきではありますが、トルコリラのないかもしれない底打ち反転に期待するよりは、私は地道に勉強しながらドル円からやっていく方が確率的に見てもいいのではないかと思います。

2022年9月30日(金)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設1.5万円ボーナス&上限200万円の入金100%ボーナスキャンペーンを開催中!

9月の初回ボーナスは間をとって1.5万円ですが、週1回の入金100%ボーナスは金→木→木→金でしたね。10月も引き続き水~金内に収まる可能性が高そうでしょうか?尚、5月末から入金ボーナス上限は500万円⇒200万円に下がってますのでご注意ください。

当選された方はレバレッジ1,000倍のトレードを2倍の証拠金でできるチャンスです!

100%ボーナスに当選された方は有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2022年9月30日(金)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • ドル円がロング、ショートともにスワップポイントがプラス!
  • ノースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 上限500万円の入金100%ボーナスキャンペーンを隔週ペースで開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も中継手数料がかからないことが殆ど!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました