GEMFOREXがセーシェル金融ライセンス(SD116)を取得!GEMFOREXグローバルとは?サイトリニューアルで日本・海外ユーザーのサービスがどう変わる?

gemforexglobal

GEMFOREX

新規口座開設3万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで

GEMFOREXゲムフォレックス)がセーシェル金融ライセンスSD116)をGEMFOREXグローバルというWEBサイト運営の為に取得していることがサイトリニューアル2022年12月1日)で明らかになり、GEMFOREX本社セントビンセント及びグレナディーン諸島に移っており、運営会社名も変更されていました。

ちょうどBitterz受け入れともタイミングが重なりますが、これによってGEMFOREXサービスがどのように変わるのでしょうか?また、GEMFOREXモーリシャス金融ライセンスGB21026537)を2021年8月から取得していますが、それはどのような位置付けになるのでしょうか?コンタクトセンターへも問い合わせていろいろ確認してみました。



GEMFOREXがセーシェル金融ライセンス(SD116)&セントビンセント及びグレナディーン諸島金融ライセンス(1335 LLC 2021)を取得!

ゲムフォレックス メイド

公式サイトリニューアルで確認できる情報

まず、GEMFOREX2022年12月1日サイトリニューアルしてから公式サイト下部に下記のような文言が記載されるようになりました。

GEMFOREXは、セーシェル金融ライセンス(SD116)ならびにモーリシャス金融ライセンス(GB21026813)によって規制されているGem Group Holdings Ltdのブランドです。Gemtrade LLCは、セントビンセント及びグレナディーン諸島で登録(1335 LLC 2021)されています。

引用元:GEMFOREX公式サイト

モーリシャスは以前から取得してましたが、セーシェル金融ライセンスGEMFOREXが取得してるのは初耳ですね・・・以前XM日本人ユーザーのサービスだけキプロスセーシェルへ移管したことがありましたけど、まさかGEMFOREXも同様に移管するのでしょうか!?

また、「Gemtrade LLC」が新しい運営会社名で、「セントビンセント及びグレナディーン諸島」が新しい本社の場所なのでしょうか?GEMFOREX会社概要を確認していきます。

GEMFOREX会社概要1
引用元:GEMFOREX会社概要

やはり運営会社名が「Lindholm Capital Ltd」⇒「Gemtrade LLC」、本社が「モーリシャス」⇒「セントビンセント及びグレナディーン諸島St.Vincent and the Grenadines)」へ変更されてますね。

そして、その下にはモーリシャスセーシェル金融ライセンス番号・種類の記載があります。

GEMFOREX会社概要2
引用元:GEMFOREX会社概要

会社概要で確認できた内容を整理

ここまでで気になる点を以下整理します。

  • GEMFOREX3つ金融ライセンス)を取得している。
  • モーリシャス金融ライセンス番号GB21026537」⇒「GB21026813」へ変更になっている。なぜ?
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島」は今回買収したBitterz本社と同じ。
  • 本社・運営会社が変わったことで何かサービスが変わるのか?

厳密に言えば、GEMFOREX」というブランド金融ライセンスモーリシャスセーシェルで、Gemtrade LLC」という運営会社金融ライセンスセントビンセント及びグレナディーン諸島という位置づけのようです。

セーシェルライセンス取得したということは、XMみたいに全ユーザーがセーシェルへ移管するのか気になる中、モーリシャスでまだライセンス持っていて、かつライセンス番号も変わっているのが気になりますね。また、本社Bitterzと同じところですし、結局何かサービスが変わるのかこれだけの情報だとよくわからないのですよねw



GEMFOREXの3つの金融ライセンスの登録を各国金融庁サイトで確認!GEMFOREXグローバルとは?

gemforexglobal

とりあえず3つ金融ライセンス登録各国金融庁サイトで一つずつ確認していきます。

セントビンセント及びグレナディーン諸島(運営会社の本社)

まずはセントビンセント及びグレナディーン諸島St.Vincent and the Grenadines)の金融ライセンス登録を確認してみました。

GEMFOREXセントビンセント及びグレナディーン諸島 金融ライセンス
引用元:St. Vincent & the Grenadines Financial Services Authority

Gemtrade LLC」の金融ライセンス番号が「1335 LLC 2021ということで間違いなく登録されているようです。

セーシェル(GEMFOREXグローバル・海外ユーザー向け)

次に、セーシェルSeychelles)の金融ライセンスは下記の通りですが、GEMFOREX LIMITED」という会社のWEBサイトGEMFOREXグローバルgemforexglobal.comということになっています。

GEMFOREXグローバル セーシャル金融ライセンス
引用元:Financial Services Authority Seychelles

GEMFOREXグローバルのページを開くと英語で表示され、画面右上で選択できるのが4カ国語のみ英語・簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語)で、日本語ページはありません。

GEMFOREXグローバル トップページ

従来のGEMFOREX公式サイト日本語含めて5カ国語対応ですが、今回のリニューアル日本ユーザー向け海外ユーザー向けサイト2つに分けたということでしょうか?

GEMFOREXグローバルのサイトを見ると入金100%ボーナスの情報がありますので、恐らく従来ジャックポットのみボーナス利用可能だった海外ユーザー向けにも、不定期入金ボーナスキャンペーンを本格的に展開していく為にセーシェル金融ライセンスを取得したのではないでしょうか?(あくまで推測に過ぎませんが・・・)

ちょうどGEMFOREXサイトリニューアル時トラブルに関するお知らせにて、下記のように記載されています。

重要:サイトリニューアル時の誤表記につきまして

同時に、海外ユーザー(英中台韓)向けに新たにGEMFOREXグローバルとしてサービスがリリースされました。

その際、海外ユーザー(英中台韓)向けにアカウント移行に伴うご案内が日本ユーザー様にも一定時間表示されていた事が判明いたしました。

日本ユーザー様には一切関係のない内容でございます。

この度は、皆様にご不安、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

スタッフ一同心よりお詫びを申し上げます。

引用元:GEMFOREXからのお知らせ「重要:サイトリニューアル時の誤表記につきまして

GEMFOREXグローバル海外ユーザー向けに立ち上げたサイトであることは間違いなく、どうやら海外ユーザー英中台韓)のみセーシェルアカウント移行し、日本ユーザー移行しないようです。

ということは、日本ユーザーは従来通りモーリシャスということになるのですが・・・しかし、モーリシャス金融ライセンス番号が変更されており、本社Bitterzと同じ「セントビンセント及びグレナディーン諸島」に移って運営会社名も変わってますので、日本ユーザー向けサービスも何か変わるのでは?と勘繰ってしまいますよねw

モーリシャス(日本ユーザー向け)

最後に、モーリシャスMauritius)の金融ライセンスが新会社「Gemtrade LLC」で登録があるのか調べてみましたが、残念ながら確認できませんでした。GEMGEMFOREXで探しても見つからず、結局確認できたのは前の会社である「Lindholm Capital Ltd」のライセンスのみです。

GEMFOREXモーリシャス金融ライセンス
引用元:Mauritius Financial Services Commission

今の運営会社Lindholm Capital Ltdではなく「Gemtrade LLC」で、しかもライセンス番号が変わっているはずのにこれはどういうことなのでしょうか?

とりあえず現時点で抱えている疑問点をコンタクトセンターへ質問してみました。

gemforexlove@管理人
gemforexlove@管理人

貴社のモーリシャス金融ライセンス番号についてはGB21026537⇒GB21026813へ変わっていたので、運営会社が変わったことによって取得し直したのかと思い、モーリシャス金融サービス委員会のサイトで検索してみたのですが、「Gemtrade LLC」「GEMFOREX」等の名前の登録は確認できませんでした。

         

Lindholm Capital Ltd」に関してはまだ出てくるのですが、モーリシャス金融サービス委員会のサイトで登録が確認できるURLを具体的にご教示頂けますでしょうか?
(私の検索の仕方が悪いだけかもしれないので、大変お手数お掛け致しますが・・・)

         

【Lindholm Capital Ltdの検索結果】
https://www.fscmauritius.org/en/supervision/register-of-licensees/register-of-licensees-details?licence_no=GB21026537&key=&cat=GB&code=

        

Gemtrade LLC」はセントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁のサイトにて以下の情報は確認できました。

【Registration】No1335
【BusinessType】LLC-Limited Liability Company

GEMFOREX
GEMFOREX

ご確認いただきましてありがとうございます。

       

ご認識のとおりとなっておりまして、
Gemtrade LLC は セントビンセント及びグレナディーン諸島金融庁 にて登録されております。

      

また、モーリシャスにつきましては、
系列会社名Lindholm Capital Ltdにてご検索いただきますと検出されるかと存じます。

グループ傘下のため記載させていただいております。

現在のLindholm Capital Ltd別法人ではあるものの、グループ傘下系列会社という位置付けだろうです。ということは海外ユーザーセーシェルアカウント移行するに対し、日本ユーザーはそのままモーリシャスということのようです。

尚、本社Bitterzと同じセントビンセント及びグレナディーン諸島へ移ったことについても追加で質問してみました。

gemforexlove@管理人
gemforexlove@管理人

本社住所が本日から受け入れ開始のBitterzと同じSt. Vincent and the Grenadinesに変わってます。

       
合併したことに伴って本社住所を変更されたのでしょうか?

GEMFOREX
GEMFOREX

本社住所変更につきましてはBitterzの受け入れとは無関係となります。

Bitterz受け入れとは無関係だそうですw

本社移転の理由ははっきりとはわかりませんが、恐らく日本ユーザー向けサイト海外ユーザー向けサイトの両方を運営する為にセントビンセント及びグレナディーン諸島金融ライセンスが必要だったということではないでしょうか?


以上、GEMFOREXサイトリニューアルに伴う金融ライセンスについて解説してきましたが、恐らく日本ユーザー向けサービスが大きく変わるわけではなく、海外ユーザーのみセーシェルアカウント移行することになるようです。海外ユーザー入金ボーナス等のサービスの幅が広がるかもしれませんね。

今後のGEMFOREXのさらなる飛躍に期待したいと思います!

2023年1月27日(金)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設3万円ボーナスキャンペーンを開催中!

2023年1月の初回ボーナスは3万円です。そして、100%ボーナスは3・4週目はともに月曜日・木曜日の週2回パターンがきましたね!週1回か2回かはランダムかもしれませんが、これが2023年の鉄板パターンになっていくのか今後注意しておきたいですね。尚、入金ボーナスの条件が有効期限90日間(口座開設ボーナスは30日間)&オールインワン口座の1口座のみが対象なのは変更なしで、今年から上限額100万円&30日以内に出金申請された方は50%という条件になっているのでご注意ください。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • 上限1,000万円の入金100%(200%)ボーナスキャンペーンをほぼ毎週開催!
  • 毎年創業月(11月)は入金200%(最大300%)ボーナスキャンペーンを開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!
  • ロースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 招待状が届けばガチでスプレッド0のガチゼロ口座を利用可能!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も国内送金なので中継手数料がかからない!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • 仮想通貨の取引条件は業界トップクラス!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました