GEMFOREXでスキャルピングは禁止じゃない!凍結条件は?注意すべきEAは?カバー先は?サポートにも問合せて探ってみた結果・・・

ゲムフォレックス 少女

GEMFOREX

新規口座開設1.5万円ボーナス
上限200万円の入金100%ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2022年9月30日(金)23時59分59秒まで

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではスキャルピング禁止ではなく、むしろ推奨されてはいるものの、ガイドラインご利用規約を読むと決して凍結がないわけではないことがわかります。SNSでよく秒スキャ勢が各FX業者で口座凍結されてるのを見ていると、ちょっと神経質になってしまうと言いますか、スキャルピングでの具体的な凍結条件が気になるところですよね・・・

本記事では、GEMFOREXスキャルピングによる凍結条件について具体的に掘り下げていき、サポートセンターに問合せて探ってみました。

尚、本記事に関連する内容として、GEMFOREX口座凍結NDD方式」or「DD方式スキャルピングに有利なロースプレッド口座入門に関しては下記よりご覧ください。



GEMFOREXでスキャルピングは禁止じゃない!ガイドライン・ご利用規約から読み取れる凍結条件は?

ゲムフォレックス 女の子

スキャルピングを規約で禁止しているFX業者もある中、GEMFOREXでは特に禁止はされておらず、それどころかむしろ公式サイトのコラムでは推奨されており、スキャルピングで有利なロースプレッド口座ガチゼロ口座も用意されているくらいです。

では、GEMFOREXガイドライン・ご利用規約からスキャルピングの凍結条件について読み取れることを確認していきたいと思います。

サーバーへの負荷が大きい取引

まず、ガイドラインの「スキャルピングに関するルール」には、サーバーへの負荷が大きい取引については一旦取引停止となる場合があると記載があります。

オールインワン口座では特に厳しい制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり、当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、一旦取引停止となる場合がございます。

引用元:GEMFOREXのガイドライン「スキャルピングに関するルール」

サーバーへの負荷が大きくなってくると他の多くのユーザーに悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、約定力が低下したり、最悪サーバーダウンして暫くチャートが止まったりとかログインできなくなることも起こりえますので、その原因となっているユーザーについては取引を停止させられます。

では、具体的に何をしたらサーバーへの負荷が大きい取引となりうるのかの目安については、次の項目と合わせて見ていきます。

いきなり短時間で大ロットの連続取引をしたらカバー取引が追い付かなくなる?

次に、同じくガイドラインの「スキャルピングに関するルール」には、5分間往復10ロット以上連続取引取引停止になった具体例と、注文が入り難くなる場合がある旨が記載されています。

以前の事例となりますが、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を継続された結果、カバー先にて予告無く取引停止となり、該当取引分につきましてdeal cancelとなったケースがございました。その結果、利用規約第12条18項とし、同規約第20条2項に沿った処置となりました。また、そこまでの処置にはなりませんが、極端な証拠金率における回転率と判断され、注文が入り難くなる場合もございます。ご参考の上、ご心配な場合には一度弊社まで確認のご連絡を頂きますようお願い致します。

引用元:GEMFOREXのガイドライン「スキャルピングに関するルール」

ご利用規約第12条18項第20条2項は下記の通りです。

第12条(利用者の禁止行為)

18. 事前連絡なしで大きなロット数での取引

引用元:GEMFOREX公式サイト「GEMFOREXのご利用規約

第20条(契約の成立)

2. ユーザー登録済み利用者は、本規約を承諾しているとみなします。

引用元:GEMFOREX公式サイト「GEMFOREXのご利用規約

要するに、5分間往復10ロット以上の取引をする場合、GEMFOREX事前連絡(月単位でOK)を入れておかないと規約違反だということです。

これが前の項目のサーバーへの負荷が大きいのに当たるのはわかるのですが、一体なぜわざわざこれを禁止行為としているのでしょうか?あくまでこれは推測に過ぎませんが、恐らくGEMFOREXDD方式)のカバー取引)をしており、いきなり短時間で大ロットの連続取引をされたらカバー取引が追い付かなくなり、GEMFOREX側で損失が出るからではないかと思われます。

DD方式とは?

DD = Dealing Desk」は、FX業者のディーラーを介して、トレーダーからの注文を約定させる方式で、国内FX業者の多くがこの方式を採用しています。GEMFOREXが「NDD」or「DD」かに関しては下記の記事で詳しく書いてますのでご参考ください。

カバー取引とは?

まず、DD方式ではトレーダーからの買いと売りのポジションを相殺し合ってどちらの注文が多いかを計り(ネットポジション)、その上でディーラーはカバー取引(リスクヘッジ)するのか、それとも注文を吞む(リスクテイク)のかを判断します。

カバー取引は、ネットポジションと反対方向の注文をカバー先(LP=リクイディティー・プロバイダー)へ出してリスクヘッジする取引のことを指します。

GEMFOREXNDD方式だと頑なに主張してますが、公式サイトのコラムでも「スキャルピングで口座が凍結してしまう理由3つ」のうちの1つで「FX業者の損失となる可能性がある」と説明しており、これに項目に該当する可能性が高いと思うんですよね。外注ライターの書いたコラムをそのまま載せてるだけなのかもしれませんけど、なんでわざわざDD方式使ってると疑われるような内容をそのまま載せてしまうのかはわかりませんがw

短時間で大ロット取引する予定があると事前連絡したトレーダーについては、通常のディーラーを挟むDD方式ではなく、NDD方式での別ルートに振り分けてるとかそんな感じではないでしょうか?

スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙った取引

また、ガイドラインの「ノースプレッド口座(現ロースプレッド口座)について」には、スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙った取引はNGだと記載されています。

GEMFOREXは、ノースプレッド口座とは言え、スプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙ったご利用をお断りしており、平均的にご利用頂けるお客様のみのご利用とさせて頂いております。

引用元:GEMFOREXのガイドライン「ノースプレッド口座について」

スプレッド0.0pipsになる瞬間を狙って裁量でエントリーするのは難しい(というかほぼ無理)ので、それをEAで定義して荒稼ぎしてたユーザーがいたということなのでしょうか?

EA・ミラートレードもロジックによっては要注意

GEMFOREX公式サイトからダウンロードして利用可能なEAでも、ロジックによっては5分間往復10ロット以上の取引になることはありうるので要注意です。
ミラートレードストラテジーについても同様に要注意です。

EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。

引用元:GEMFOREXのガイドライン「EA利用に関するルール」

また、注意すべきは短時間での大ロット取引だけではなく、例えばトレーリングストップ等で注文数が物凄い多く、サーバーの負荷が大きくなりそうなEAについても要注意です。

どちらかというと裁量よりもシステムトレードの方が、短時間での取引数・注文数が増えやすいと思いますが、バックテストや公開されているフォワードテストの情報から十分想定はできると思いますので、必要に応じて事前連絡は忘れないように気を付けましょう。



GEMFOREXでスキャルピングの凍結条件・カバー先についてサポートに問合せしてみた結果・・・

ゲムフォレックス 少女

GEMFOREXスキャルピング凍結条件について、ガイドライン・ご利用規約からある程度は確認できましたが、念の為サポートセンターへもう少し詳しい情報が確認できないか探るべく問合せしてみました。

今のところ確認できている具体的な数字が「5分で往復10ロット以上」「スプレッド0.0pips」のみなので、できればもっと具体的にどれくらいのロット・頻度の取引で凍結されそうなのかを確認したいところですが・・・

gemforexlove@管理人
gemforexlove@管理人

スキャルピングに関していくつか質問させてください。

         

■利用規約やガイドラインで確認できるスキャルピングで凍結する場合の具体的な条件は以下2点のみです。

        

・5分で往復10ロット以上取引時の事前連絡
・ロースプレッド口座でスプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙った取引

         

他社海外FX業者だと所謂「秒スキャ」勢が裁量取引でも凍結されることがありますが、
具体的にどれくらいの取引の頻度・ロットでカバー先のカバー取引が追い付かなくなるのか等の目途を何かご教示頂けると助かるのですが可能でしょうか?

GEMFOREX
GEMFOREX

弊社の方でもカバー先から提示されていない為、
カバー先による判断となっております。

あくまで「カバー先による判断」だからGEMFOREX側でもわからないという回答で、具体的な数字は確認できませんでしたが、カバー取引をしていることについては否定しませんでしたね。これはGEMFOREXDD方式を採用しているということを認めたと受け取ってもいいのでしょうか?w

次に、GEMFOREX公式サイトでダウンロードできるEAについて、「5分で往復10ロット以上」の条件をしっかり考慮した上で審査しているのかどうかについて確認してみました。

gemforexlove@管理人
gemforexlove@管理人

貴社サイトで公開されているEAでもスキャルピング系のものが多いですが、
例えばゴールド1分足のナンピンマーチン系のような取引回数の多いEAでも、初期設定ならガイドライン的にも問題ないという判断で審査を通されていると見てよろしいでしょうか?

GEMFOREX
GEMFOREX

弊社EA及びミラートレードは問題なくご利用頂けますが、
ロジック及び取引履歴から5分間を目安に往復合計10LOT以上の取引が予測出来る
場合は、事前連絡を頂きますようお願い致します。

審査で考慮してるのかはこの回答だと微妙ですねw(質問の仕方が悪かったのかもしれませんが・・・)

5分で往復10ロット以上」にいきそうかどうかは結局ユーザー側で判断した上で事前連絡してくださいということで、まあこうなりますよね・・・

最後に、GEMFOREXカバー先・カバー率についてダメ元で聞いてみました。海外FX業者の殆どが非公開の情報なので正直期待薄ですが、もし具体的な回答があるなら内容によっては信頼性が上がりますが・・・

gemforexlove@管理人
gemforexlove@管理人

下記のコラムでは「スキャルピングが可能なFX業者」として、
国内業者と並列して貴社の名前を掲載されているのが気になりました。

この中で貴社だけカバー先の金融機関がわからないのですが、カバー先やカバー率についてご教示頂くことは可能でしょうか?
https://gemforex.com/media/trade/scalping-ban/

GEMFOREX
GEMFOREX

恐れ入りますが、カバー先の詳細は開示させていただいておりません。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。

まあそうなりますよねw てかなんで海外FX業者はどこもカバー先の情報を公開できないのでしょうか?公開したらよっぽどまずい何かでもあるのでしょうか?

残念ながらサポートに問合せても、特に目新しい情報はありませんでしたが、以下GEMFOREXスキャルピング凍結条件まとめです。スキャルピングする前に、これらに当てはまらないように注意しておきましょう。

GEMFOREXスキャルピング凍結条件まとめ
  • サーバーへの負荷が大きい ※注文数の物凄く多いEAにも注意
  • 短時間で大ロットの連続取引 ※5分間10ロット以上の取引を想定してるなら事前連絡要
  • ロースプレッド口座でスプレッド0.0pipsのタイミングのみを意図的に狙った取引

以上、GEMFOREXスキャルピング裁量EAでする際の注意すべきこととして、少しでも本記事が参考になれば幸いです。

2022年9月23日(金)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設1.5万円ボーナスキャンペーンを開催中!

9月の初回ボーナスは間をとって1.5万円ですが、週1回の入金100%ボーナスはここまで金→木→木ときてますね。このまま4週目も引き続き水~金内に収まる可能性が高そうでしょうか?尚、5月末から入金ボーナス上限は500万円⇒200万円に下がってますのでご注意ください。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2022年9月30日(金)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • ドル円がロング、ショートともにスワップポイントがプラス!
  • ノースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 上限500万円の入金100%ボーナスキャンペーンを隔週ペースで開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も中継手数料がかからないことが殆ど!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました