【FX経費】家賃・通信費・光熱費は何割まで?家事按分の割合は?確定申告で悩みがちな点を具体例を使ってわかりやすく解説!

FX女の子

GEMFOREX

新規口座開設3万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで

海外FXでも国内FXでも確定申告で悩みがちな経費家賃・通信費・光熱費等)の家事按分について、あくまで私自身の考える具体例を元にわかりやすく解説していきます!

そもそもFX経費があまりかからないのですが・・・それでも出来る限り経費計上できるものはして節税したいですよね?しかし、経費自己申告制で明確な決まりはなく、これといった正解もないという点で恐らく多くの方が頭を悩ませ、他の方が通信費・家賃・光熱費等の何割くらい経費計上しているのか等も物凄く気になるのではないでしょうか?本記事がFX経費について考えるきっかけにでもなれば幸いです。

尚、私自身の確定申告体験談&海外FXのボーナス損失分扱いFXパソコンの経費計算方法STEPNの課税タイミング海外FXの取引手数料二重申告に関しては下記をご覧ください。



FXの経費は自己申告制!正解はない!

緑髪の女の子

全て自己申告制!あなた自身がルール!

まず、現在の日本の確定申告において、海外FX・国内FXに限らずどこからどこまで経費にできるのかといった明確な決まりや範囲の線引きはありません。事業で収入を得る為に使った費用」=「必要経費」ですが、どこまで経費として計上するのかは全て自己申告であり、最終的にはご自身で考えて判断することになります。

つまり、経費はあなた自身がルールです!これが経費だといえばいくらでも経費とみなして申告することができるようになっています。

税務署に目を付けられ、税務調査される場合あり?

但し、明らかに疑わしい申告内容だと税務署を目をつけられ、税務調査が入る可能性があります。例えば、海外FX収入雑所得1,000万円に対して必要経費1,000万円トータル0円と記入されてたらさすがにおかしいですよね?大して経費のかからないはずのFXで一体どこに1,000万円もかかってるねん!って税務署員じゃなくても突っ込まざるを得ませんよね?w

また、確定申告書に記入された収入100万円なのに、銀行口座預金額年間1,000万円以上増えてたら税務署員は突っ込みたくなりますよね?基本的にはお金持ちの方ほど税務署に目を付けられやすいと思いますが、そうでなくても明らかにおかしい申告内容(特に犯罪の臭いがする場合)だったら税務調査が入る可能性はありえますし、敢えて数年置いてから税務調査に入って数年分の利息(延滞税)を回収しにくることもよくあるようです。

いずれにしても経費計上は全て自己責任ですので、税務署員に突っ込まれた場合に備えてどういう根拠経費算出しているのか?経費正当性について答えられるようにしておきましょう!



FXの経費の家事按分(かじあんぶん)とは?

FX女の子

海外FX国内FXに関わらず、経費にできる範囲はその方の立場個人・個人事業主・法人等)や状況によっても大きく変わるのですが、FXトレード収益を上げる為の必要経費として全額計上できそうなものと、そうではないものがあります。
以下あくまで一例です。経費にできるのかどうかは人それぞれなのでご注意ください。

FX経費で全額計上できそうなものの例

書籍代(FX勉強用)、EA購入費・VPS利用料他

FX経費で部分的に計上、もしくは計上できるのか微妙なものの例

家賃、光熱費、通信費他

FXトレード以前に生活で利用しているものについては、全額経費としては認められない可能性が高いです。本当にFXの為だけに賃貸契約しているのであれば通信費、家賃、光熱費等全額経費計上できるかもしれませんが、恐らくそうではない方が殆どだと思います。

尚、通信費、家賃、光熱費等について生活の中で何割利用しているのかを根拠を持って説明できる場合、部分的に経費計上が認められるのですが、このプライベート用事業用を兼ねる経費の割合根拠を持って定めることを家事按分かじあんぶんと呼びます。

確定申告に慣れてない方にとっては聞き慣れない言葉かもしれませんが、経費を算出する際にとても重要な考え方です。また、特に明確な決まりがあるわけでもないので、確定申告の際に頭を悩ませる方がとても多いのではないかとも思われます。

もう1つパソコンなどの高額な資産10万円以上)を耐用年数に応じて分割計上していく「減価償却(もしくは10万円以上20万円未満一括償却)というルールも同様に悩ましいとお思いの方が多いかもしれませんが、減価償却+家事按分を考慮したパソコン経費計算の解説記事を別途公開してます。詳細は下記の記事をご覧ください。

ゲムフォレックス武士
FXでパソコンの経費は10万円が分岐点!減価償却&一括償却何年でいくらまで?5つの具体的な計算例を元にありがちなお悩みについて徹底解説!



FX経費の家事按分:家賃・通信費・光熱費の割合は?具体例を紹介!

ゲムフォレックス女の子

家事按分とは何かはなんとなくわかったけど、家事按分やったことないからわからない!という方向けに、以下家賃・光熱費通信費家事按分具体例を元に説明していきます。

家賃は面積か時間で割る!

家賃家事按分面積で割る方法時間で割る方法2パターンがありますが、まずは面積で割る方法について説明します。

例えば、下記のようなレイアウト部屋賃貸契約していて、左半分トレード専用スペース部屋全体1/2面積)だとします。

FX経費 家賃レイアウト

仮に、家賃月8万円だとすれば、半分4万円×12ヵ月=36万円/年経費として計上できます(もし部屋全部トレード専用なら家賃全額72万円/年計上可能)。但し、このケースはあくまで左半分が本当にトレード専用スペースであることが条件で、左半分も普通に生活で使っているのであればこの面積で割る方法は適用できません。

次に、トレードしている時間で割る方法です。

FX経費(家事按分)時間で割る方法

月~金曜日ロンドン時間冬時間なら18~26時)の8時間は常にチャートに張り付いているということであれば、「1ヵ月の総時間(24時間×30日=720時間) ÷ 1ヵ月のトレード時間(8時間×21日=168時間) = 約4」ですので、家賃月8万円なら4分の12万円×12ヵ月=24万円/年経費として計上できます。

尚、このトレード時間家事按分根拠として経費計上する場合、仮に税務署員に説明求められた場合に備えてトレード時間証拠となるものがあるといいですよね。

例えば、MT4・MT5パソコンでずっと起動したままにはせず、トレードを始める時に起動し、終わる時にシャットダウンするようにすればデータフォルダログ下記画像のフォルダ内)ではその履歴が残りますし、証拠として説明できるかと思います。

FX経費(家事按分)パソコン

また、スマホトレーダーの方の場合、MT4・MT5アプリ利用時間データが確認できますので、これをトレード時間根拠にしてもいいかと思います。下記はiPhoneスクリーンショットですが、「設定⇒スクリーンタイム⇒すべてのアクティビティを確認する」でMT4・MT5アプリを選択すれば利用時間を確認できます。

FX経費(家事按分)スマホ

取引頻度の多い方であれば、取引履歴エントリー時間・イグジット時間でいつもトレードしている時間帯がこれくらいだという説明をつけることもできるかと思います。取引頻度が低い方だとこの方法は微妙ですが・・・

また、FXトレードの為だけにレンタルスペース時間貸しで借りている場合は、家賃とは別で利用料分をそのまま経費計上するのに説明がつきやすいですし、同様にファミレスカフェトレードされるのであれば場所代としてドリンク代経費計上はしてもいいかと思います。

但し、レンタルスペースファミレスを使う目的が本当にトレードの為だけなの?と聞かれて微妙だと思う方は無理して計上しない方がいいですし、別の事業をやられている方はそちらの方で経費計上した方が無難な気がします。

通信費(インターネット利用料・携帯電話利用料)は?

次に、通信費家事按分についてですが、これも上記家賃と同様に面積時間で割って経費を算出できるかと思います。

もしFXトレードの為だけに専用インターネット回線敷設携帯電話会社契約VPS契約をされているということでしたら、面積・時間関係なく全額経費にして問題ないかと思います。

光熱費(電気代・ガス代・水道代)は?

最後に、光熱費家事按分に関しては、トレード専用スペースを用意されている方であれば、家賃と同様に面積で割って頂くと経費算出できるかと思います。

ちなみに、電気代は説明つきやすいですが、ガス代水道代同じ割合経費計上するのは微妙というか意見が分かれそうですねw お風呂・料理・洗濯等生活で使う比重が多いと思いますし、それらも考慮した上で根拠を持って割合を設定できるのであればいいのですが・・・。部屋全部トレード専用で生活拠点は別にあるというのであれば全部計上しても問題ないかもしれませんけどね。

また、面積ではなく、時間で割る方法でも同様に、電気代の説明はついても(これも意見分かれるかもですがw)ガス代水道代生活利用との比重を説明する難易度が高い気がします。

尚、トレードする場所室内室外に関係なく殆どスマホという方は、光熱費経費計上するのはやめておいた方がいいかと思います。


以上、FX経費家事按分の考え方に正解はありませんが、本記事が確定申告経費について考える際に少しでも参考になっていれば幸いです。

2023年1月27日(金)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設3万円ボーナスキャンペーンを開催中!

2023年1月の初回ボーナスは3万円です。そして、100%ボーナスは3・4週目はともに月曜日・木曜日の週2回パターンがきましたね!週1回か2回かはランダムかもしれませんが、これが2023年の鉄板パターンになっていくのか今後注意しておきたいですね。尚、入金ボーナスの条件が有効期限90日間(口座開設ボーナスは30日間)&オールインワン口座の1口座のみが対象なのは変更なしで、今年から上限額100万円&30日以内に出金申請された方は50%という条件になっているのでご注意ください。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2023年1月31日(火)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • 上限1,000万円の入金100%(200%)ボーナスキャンペーンをほぼ毎週開催!
  • 毎年創業月(11月)は入金200%(最大300%)ボーナスキャンペーンを開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!
  • ロースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 招待状が届けばガチでスプレッド0のガチゼロ口座を利用可能!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も国内送金なので中継手数料がかからない!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • 仮想通貨の取引条件は業界トップクラス!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました