FIMAレポファシリティーとは?韓国も参加?日銀が為替介入で使用?それとも外貨準備高の米国債を売ってドル調達?残り弾は何発?わかりやすく解説!【初心者向け】

ゲムフォレックス ギャル

GEMFOREX

新規口座開設2万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2022年12月31日(土)23時59分59秒まで

日銀為替介入で使われたと噂の「FIMAレポファシリティーFIMA Repo Facility)と、財務省発信の情報から読み取れる為替介入の情報について初心者向けにわかりやすく解説していきます。

FIMAレポファシリティー従来の外貨準備高米国債を売る方法に比べて短時間リスクが少なく、斬新で新しい為替介入のやり方ではないかと思いますが、具体的にどういった経緯で誕生し、どんな仕組みなのでしょうか?また、実際に為替介入は実際にどうやって実施され、介入用の残り弾はどれだけ用意されているのでしょうか?

空前のドル買い円売り相場の渦中で、為替介入について興味をお持ちの方は是非ご覧ください!

尚、FXファンダメンタルズ・テクニカル分析(本記事記載の国債や金利等に関する基礎知識含む)について基礎から学びたい方は、下記でガチレビューしている無料電子書籍についても合わせてご参考ください。



FIMAレポファシリティーの仕組み・設立の背景

ゲムフォレックス 女の子

FIMAレポファシリティーでは短時間・低金利でドルを借りられる!

FIMAレポファシリティー」は「Foreign and International Monetary Authorities Repo Facility」の略で、日本語に訳すと「海外・国際金融当局向けレポファシリティー」です。
※金融当局とは中央銀行のことを指します。

FIMAレポファシリティーは、2020年3月新型コロナウイルスの流行による世界的なドル不足を緩和することを目的にFRBによって設立されました。大半のアメリカ以外の中央銀行FRBに口座を持ち、その中で米国債も保有しており、この米国債担保に現金のドル調達できる仕組みのようです。また、ドルを調達する際、FRBの政策金利相応利子が発生します。

各国中銀外貨準備高の中で保有している米国債市場売却してドル調達する方法だと手続きに時間がかかる(水面下でアメリカの合意を得たり等)上、債券相場への影響も大きいのがネックなのですが、FIMAレポファシリティーでは米国債市場売却することなくドル短時間で手当てできます。

これをもっと簡単に言ってしまえば、FRB各国中銀向け短時間・低金利でお金を貸せる仕組みを作ったということですね。FRBの口座の米国債担保になるので、FRBは仮に貸したお金が返ってこなかったとしても安心ですし、金利分リターンも入ってくるという仕組みでもあります。

新興国のドル不足が深刻!

当時はコロナの影響でドル買い円買い株売りリスクオフ相場でしたが、特に新興国の通貨ドルに対して売られて価値が下がり、自国ドルが不足する新興国が多いという問題がありました。

この新興国内ドルが不足すると何が問題なのかと言いますと、例えばジンバブエ国内で何か商売をする為にドルジンバブエドルへ交換してジンバブエドルを稼ぎ、その後ドルに戻そうとしても国内の銀行交換できるドルがない!という致命的な事態に陥るということです。銀行ではなんとか資産を売ったりしてドルを調達しようとしても、それでもドル不足に陥ってしまうようで、せっかくお金を稼いでも交換できないならもう紙屑同然ですよね?(この場合、ジンバブエドル国内限定ならお金を使えますが・・・)

また、新興国の通貨ドル・ユーロ・円のような主要通貨と比べれば国際的に信用が低く、ジンバブエであればジンバブエドルで他国と取引することは難しく、基本的に新興国外貨であるドルが必要ということになります。

韓国中央銀行が通貨スワップ契約終了と同時に参加?

ちなみに、2021年12月23日には韓国中央銀行FIMAレポファシリティーへ参加するというニュースがありました。

2015年2月23日日本との通貨スワップ)の延長を断られて終了し、2021年12月31日アメリカFRBとの通貨スワップ600億ドル)が終了となり、同額の600億ドルで参加し、必要な時にドルをすぐ調達できるようにしているようです。

通貨スワップとは?

簡単に言えば、2国間の通貨を予め決められたレート交換できるようにする仕組みなのですが、一方の国が緊急時に発動します。

例えば、経済危機韓国内ドル不足になれば、相手国からすぐにドルを借りられます。ちなみに、新興国通貨は値動きが不安定なのと、最悪貸したお金を踏み倒されるリスクもある為、お金を貸す国側にとってはあまりメリットがない仕組みでもあります。

ドル・ユーロ・円・ポンド等の主要通貨同士だと、無期限・無利息・無制限通貨スワップ協定を結んでいて通貨不足になる懸念がない為、新興国主要通貨を持つ国との通貨スワップを望むことが多いです。

尚、契約期間長期(1年以上)通貨スワップの他、比較的短期(数か月程度)為替スワップというものもあります。

日米との通貨スワップ延長が切られ、有事の際のドル調達手段為替介入で使用?)の代案ということでしょうか?この件についてよくYoutubeでも韓国叩きの為のネタにされているのを見ますが、ドル調達時FRB政策金利相応金利は発生するんですけどね・・・

新興国である韓国通貨ウォンKRW)は国際的にも信用度が低くて不安定なのですが、参考までに以下ドルウォンUSDKRW)月足チャート2022年10月15日現在)です。

現在のロシアウクライナ侵攻を背景にしたインフレを抑える為のFRB金融引き締め路線の中、上記のチャートをご覧の通りドル高ウォン安が止まらない状況です。

日米金融政策が真逆で上げてるドル円とは違い、韓国中銀政策金利ここ1年強の間0.5%→3.0%2022年10月15日現在)まで上げ続け、さらに為替介入を何度もしているのにも関わらず、ドルウォン上昇ドル高ウォン安)を全く止められないという状況です。

まあ同じ引き締め路線ユーロポンド等の主要通貨でも通貨安が止まらないくらいなので、新興国韓国はもっと厳しくなりますよね。FIMAレポファシリティー調達したドル為替介入で使っているのでしょうか?いずれにしても韓国苦しいですね。FRBとしては、米国債が担保になって金利分のリターンを得られるからノーリスクでいいのでしょうが・・・



日銀の為替介入でFIMAレポファシリティーを使用?それとも外貨準備高の米国債売ってドル調達?金額規模はいくら?【2022年11月16日更新】

ゲムフォレックス ギャル

ドル売り円買い介入はハードルが高い!

まず、日銀財務省の指示で為替介入する際、以下2パターンがあります。

  1. ドル買い円売り介入 → 介入する為にが必要
  2. ドル売り円買い介入 → 介入する為にドルが必要

1の場合に必要なについては、理論上日銀無限に刷ることができる為、介入用の調達で困ることはないはずです。勿論手続きとかアメリカ側の許可を得たり等でそう簡単に介入できるものではないとは思いますが・・・

今回は2の場合に当たりますが、介入できるドルには上限があり、外貨準備高(介入用に準備してる外貨の残高)の金額に限られます。外貨準備高の中の米国債市場で売ってドルを調達するのですが、既に上の項目でも述べている通り、債券市場へ与える影響が大きく、手続きにも時間がかかる為、結構ハードルが高い方法になります。

しかも、現在FRBはなんとかインフレを抑える為に利上げを続けてドル買いに誘導している最中で、まだインフレが収まってない中で米国債を売るなんて言ったらアメリカの機嫌を損ねるのではという見方もありますよね・・・

外貨準備高の中の米国債市場で売らずにドルを調達する方法があればいいのですが・・・

日銀はFIMAレポファシリティーでドル調達?

2022年9月22日日銀24年ぶりドル売り円買いでの為替介入財務省の判断で行いましたが、このブルームバーグの記事によると日銀FIMAレポファシリティードルを調達したのではないかとのことです。

日銀FRB口座推定1100億ドル約15兆6500億円)相当を預けているとされており(その殆どが米国債?)、財務省公式サイトも参照にすると、この中の約2兆8000億円分を今回の為替介入で使ったかもしれないということになります。
下記の通り、財務省公式サイトで為替介入(外国為替平衡操作)で使った金額は公表されています。

15兆6500億円のうちの2兆8000億円ということなら、同じ規模のドル売り円買い介入FIMAレポファシリティーの中だけでもあと5発はいける計算になりますね。ドル円のレート5.5円下落させる弾(下落幅はその時の相場次第だと思いますが)があと5発という見立てでいいのでしょうか?

財務省発表の外貨準備高の外貨証券(米国債)が減ってる!

しかし、財務省公式サイト毎月末時点での外貨準備高の内訳を確認する限りでは、今回の為替介入FIMAレポファシリティーではなく、外貨準備高米国債を売ってドルを調達したと思われます。

以下、2022年8月時点での外貨準備高の内訳ですが、赤丸をつけた「1.外貨」の「(a)証券」に米国債が含まれます。1ドル=148円換算で、約153.4兆円ですね。

財務省 外貨準備高2022年8月末時点
引用元:財務省公式サイト「外貨準備等の状況(令和4年8月末現在)

次に、2022年9月時点での外貨準備高の内訳ですが、赤丸のところが明らかに減ってますよね。1ドル=148円換算で、約145.8兆円ですので、9月22日為替介入を経て9月末時点約7.6兆円減っています。

財務省 外貨準備高
引用元:財務省公式サイト「外貨準備等の状況(令和4年9月末現在)

9月22日為替介入(外国為替平衡操作)では約2.8兆円使ったと公表されてますので、残り約4.8兆円二発目以降の介入用に残している弾で、金額的に合計3発の介入を用意しているのでしょうか?

いずれにしても、外貨準備高外国証券の金額がはっきりと減ってますので、事前にアメリカの許可も得た上で、米国債を売ってドルを調達したと思われます。

為替介入用の弾は残り何発?GDP2%以上の介入で為替操作国認定?

上記記載の残り約4.8兆円がもし介入用の弾なのであれば残り2発は用意されているのでしょうか?外貨準備高外貨証券約145.8兆円をフル活用するのであれば、1発2.8兆円だとすれば残り52発ありますし、最悪通貨スワップを活用すれば理論上はこれ以上もまだまだ用意できるはずですが・・・

でも、FIMAレポファシリティー15.6兆円の方がドル調達しやすいと思いますけどね。これも1発2.8兆円だとすれば残り5発ありますが・・・

ちなみに、米財務省為替操作国に認定する判断材料の一つで、「為替市場への持続的介入があり介入総額がGDPの2%以上というものがあります。日本GDP約552兆円なので、為替介入用の弾をGDP2%11兆円に収めるかもしれないという考え方もあるかと思います。これも1発2.8兆円なのであれば合計4発残り3発ということになりますね。

まあ実際のところ為替介入の弾何発想定しているのかはわかりませんが、ドルの調達はなんとかなるとして、少なく見積もっても残り2~3発はあるのではないでしょうか?今後のドル円の値動きと財務省の動向に注目ですね。

5回(?)の為替介入でいくら投入した?残り弾はどれくらい?【2022年10月25日追記】【2022年10月27日更新】

ここ最近のドル円覆面介入と思われるような大規模な売り⇒大反発⇒大規模な売り⇒大反発の繰り返しで、まさに財務省 VS 投機筋」のガチバトルと化してますねw

現時点2022年10月27日)で為替介入した可能性があるとされているのが以下5回内2回はほぼ確実?)なのですが、今出ているニュース日銀・財務省サイトから読み取れる情報からここまで何兆円くらい為替介入で投入してそうなのかを簡単に探ってみたいと思います。
以下がほぼ確実、が介入観測のニュースあり、は明確なニュースはなし

  1. 2022年9月22日17時台 5.5円下落 ◎
  2. 2022年10月13日22時台 1円下落 〇
  3. 2022年10月18日18時台 1円下落 △
  4. 2022年10月21日23時台 5.5円下落 ◎
  5. 2022年10月24日8時台 4円下落 〇

参考までに、以下ドル円1時間足チャートにてをつけたところが、5回分の該当箇所です。

ドル円4時間足 2022年9月22日以降の為替介入

現時点で為替介入に投入した金額が明らかになっているのが9月22日2.8兆円のみですが(財務省サイトの公表情報)、ブルームバーグ日経新聞のニュースで、10月13日約1兆円10月21日約5.5兆円10月24日約1兆円使われたのではないかとされています。

3つの日ともに何を根拠に為替介入した可能性があるとされているのかと言いますと、日銀が日々公開している「日銀当座預金増減要因と金融調節」というページに記載の財政等要因」(以下赤枠)が予想の金額よりも大きく下回っていたで、予想との差額分為替介入金額規模だと想定されています。
日銀の為替介入があった場合、2営業日後に下記のページへ反映されるようです。

10月21日ドル円下落幅9月22日と同程度にも関わらず、金額規模2.8兆円⇒5.5兆円だとされているんですよね。当然為替介入する時間帯にもよっても、その時の相場環境によってもボラティリティーは変わりますけどね・・・

尚、10月24日4円下落したとはいえ、薄商いの早朝時間だったので金額9月22日と同程度)、1円下落した10月18日10月13日と同程度と想定した場合、計5回為替介入に要した金額合計約11.3兆円ということになります。

10月24日は「日銀当座預金増減要因と金融調節」の「財政等要因」が予想より約1兆円少なかった為、約1兆円規模の為替介入だったのではというニュースが出ていた為、本項目記載の金額もそれに合わせて修正しました。【2022年10月27日追記】

  1. 2022年9月22日17時台 5.5円下落 ◎ ⇒ 約2.8兆円
  2. 2022年10月13日22時台 1円下落 〇 ⇒ 1兆円
  3. 2022年10月18日18時台 1円下落 △ ⇒ 1兆円
  4. 2022年10月21日23時台 5.5円下落 ◎ ⇒ 5.5兆円
  5. 2022年10月24日8時台 4円下落 〇 ⇒ 2.8兆円 約1兆円

外貨準備高FIMAレポファシリティーからドル調達できる余力はまだまだあるのですが、本当に上記の金額を為替介入で使っていた場合、GDP2%11兆円に相当する金額の為、米財務省為替操作国だと認定されるか否かのギリギリのところを攻めている(?)のかもしれませんね。或いは為替操作国認定覚悟の上なのでしょうか?

まあ実際にはいくら使ったのかは現時点でははっきりしませんので、いくら為替介入で使ったのかは毎月7日財務省サイトで公表される情報で答え合わせが必要する他ないですね・・・

ちなみに、介入用ドルを調達するのに、10月24日米10年債利回りが大して下がっていなかった為、FIMAレポファシリティーを使ったのでは?と最初疑ったのですが、外貨準備高米国債を売ってドルを調達したとされる9月22日はもっと米10年債利回りが下がっておらず、米国債から調達する場合でも金利が大きく動くわけでないようなので、どっちなのか今のところはっきりしませんね・・・

これも毎月7日財務省サイトで公表される情報で答え合わせで答え合わせしたいと思います。

10月の為替介入額は6.3兆円!財務省サイトから答え合わせ!【2022年11月16日追記】

財務省サイトにて10月為替介入額について答え合わせですが、下記の通り6.3兆円でした。

この6.3兆円の内訳を確認してみますが、外貨証券941,331百万ドル1ドル=145円なら約136.5兆円)となっており、前月985,272百万ドル1ドル=145円なら約142.8兆円)からちょうど6.3兆円減ってますね。ちなみに、その下の預金前月からむしろ増えており、どうやら10月為替介入FIMAレポファシリティーではなく、米国債を売ってドル調達した可能性が高そうですね。

財務省:外貨準備等の状況(令和4年10月末現在)
引用元:財務省公式サイト「外貨準備等の状況(令和4年10月末現在)

6.3兆円という金額規模を見る限りでは、10月21日(ドル円は5.5円下落)と10月24日(ドル円は4円下落)で使われた可能性が高そうでしょうか?まあ10月13日10月18日(ともにドル円は1円下落)でも少額使われてるかもしれませんけどね。

また、9月2.8兆円10月6.3兆円となると、ここまで為替介入で使ったのは9.1兆円ですので、今のところまだ米財務省為替操作国だと認定されるレベルにまでは至ってないですね。現在はアメリカインフレが大分落ち着いてきたと見なされてドル円は大分下押ししてきましたが、当分は為替介入する必要はなさそうでしょうか?また為替介入っぽい値動きがきたら再度日銀サイト財務省サイト金額推移に注目したいと思います。

2022年12月7日(木)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設2万円ボーナスキャンペーンを開催中!

今年の12月もベッカム2周年と称してるだけに200%ボーナスがきましたが、初回入金の方限定(入金上限1万円・ボーナス上限2万円)です。既存ユーザーのみなさまは基本的には100%だと思われます。そして、今年のボーナスの傾向上、毎週1回(場合によっては2回)不定期でくる可能性が高そうでしょうか?また、100%当選の方はこれまで通りボーナス上限200万円(5月末に500万→200万に上限変更済み)です。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2022年12月31日(土)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • 上限200万円の入金100%ボーナスキャンペーンをほぼ毎週開催!
  • 毎年創業月(11月)は入金200%(最大300%)ボーナスキャンペーンを開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • ロースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 招待状が届けばガチでスプレッド0のガチゼロ口座を利用可能!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も国内送金なので中継手数料がかからない!
  • EA・ミラートレードを無料で利用し放題!自動売買の仕組みは日本一!
  • 仮想通貨の取引条件は業界トップクラス!
  • ブランドアンバサダーがベッカム!金融ライセンス取得済みで、倒産リスクも少ない!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました