GEMFOREXの取引条件・仕組み

GEMFOREXの取引条件・仕組みに関するカテゴリーです。

gemforexlove アイコン



GEMFOREX

新規口座開設1万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2022年10月31日(月)23時59分59秒まで


スポンサーリンク
取引条件・仕組み

【悲報】GEMFOREXのスワップアービトラージ完全終了!ドル円・ユーロドル・ドル香港ドルのスワップポイント両方向プラスは全部消滅!今後注意すべきことは?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)で長年お馴染みの両建てサヤ取り手法(スワップアービトラージ手法)も風前の灯火でしたが、唯一生き残ってたドル円の両方向プラススワップも2022年9月10日でなくなってしまい、これでGEMFOREX...
取引条件・仕組み

GEMFOREXのスプレッド他社比較一覧!計算方法は?5つのFX業者・18個の通貨ペア別で2週間ガチ検証(STP口座・ECN口座)した結果は?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッドについて他社海外FX業者(XM・Axiory・TitanFX・CXCMarkets)との比較調査を2週間実施(STP口座・ECN口座で1週間ずつ)し、スプレッド他社比較の旧記事をこの...
取引条件・仕組み

GEMFOREXの約定力ガチ検証!デモ口座&リアル口座、他社と約定速度を比較調査してみた結果は???

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のデモ口座・リアル口座・他社海外FX業者(XM・Axiory・TitanFX・CXCMarkets)の約定力を測定用EAを使ってガチ比較検証してみました! 先日スプレッド調査を行いましたが...
取引条件・仕組み

GEMFOREXの早朝スプレッド!最大・最小・平常時を3つの口座タイプ&18個の通貨ペア別で徹底比較!いつどれくらい広がる?注意点は?

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド(早朝・平常時)の変動を3つの口座タイプ&18個の通貨ペア別で1週間調査を行いました! 特に早朝時間のスプレッドが開きやすいということは実際にMT4・MT5の気配値を見ればすぐ...
取引条件・仕組み

GEMFOREXでスキャルピングは禁止じゃない!凍結条件は?注意すべきEAは?カバー先は?サポートにも問合せて探ってみた結果・・・

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ではスキャルピングが禁止ではなく、むしろ推奨されてはいるものの、ガイドラインやご利用規約を読むと決して凍結がないわけではないことがわかります。SNSでよく秒スキャ勢が各FX業者で口座凍結されてる...
取引条件・仕組み

GEMFOREXの凍結解除にかかる時間は?「凍結中」が消えてもMT4/MT5にログインできない場合も!その対処法は???

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のマイページで口座凍結解除にかかる時間と、「凍結中」が消えてもMT4/MT5にログインできない場合がある件について解説していきます。 最近マイページ上でできるようになった凍結解除ですが、凍...
取引条件・仕組み

GEMFOREXのスワップポイント入門編!計算方法・発生時間・スワップ3倍デーはいつ?確認方法・他社比較・注意点について

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスワップポイント入門編の旧記事の情報が大分古くなっている為、この度最新情報を反映させた新規記事として大幅にリライトしました!この1年で取り巻く環境もいろいろ変わりましたからね・・・ FX...
取引条件・仕組み

ゲムフォレックスのロット制限が30→200LOT・保有ポジション数30→200個に!MT4・MT5ともに劇的改善で新時代の幕開け!?EAやミラートレードはどうなる??

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最大ロット数・保有ポジション数がMT4・MT5口座ともに大幅に変更され(2022年8月22日~)、30ロット⇒200ロット・30ポジション⇒200ポジション(公式サイトでは一応無制限となってま...
取引条件・仕組み

GEMFOREXの取引時間・営業時間総まとめ!GMT、MT4・MT5時間、夏時間・冬時間切り替え期間、ゴールデンウィーク・クリスマス・年末年始等を網羅!

本記事でGEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引時間・営業時間を全部わかるようにしました! 汎用性のある内容になっており、悩ましい夏時間・冬時間移行期間時の取引時間や、移行時に注意すべきイベント・重要指標の時間についても都...
取引条件・仕組み

【悲報】GEMFOREXのスワップアービトラージ終了寸前?ついにユーロドル(EURUSD)のロングがマイナススワップになったのでサポートへ問合せ⇒とうとうショートもマイナススワップへ改悪!

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でできる同一口座での両建てサヤ取り手法(スワップアービトラージ手法)ももはや風前の灯火です。そもそも当ブログではこの両建て手法を長期投資としてはお薦めしないスタンスではありましたが、とうとうユーロドル(EURUSD)のロングがマイナススワップになってしまいました・・・
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました