EU夏時間(サマータイム)廃止は結局いつから?欧州諸国は2022年から足並みを揃えられるのか?夏時間⇒冬時間移行で気を付けるべき時間

ゲムフォレックス ダンス

GEMFOREX

新規口座開設3万円ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2021年12月7日(火)23時59分59秒まで

2021年は欧州(ヨーロッパ)各国が11月1日(月)から、アメリカが11月8日(月)から順々に冬時間へ移行になり、相場が1時間遅くなるわけですが、ここで気になるのがEU(欧州連合)の夏時間(サマータイム)廃止問題についてです。既に廃止が決定されたはずなのに、まだ今年はEUで夏時間が導入されたままなんですよね。

最近EU離脱したばかりのイギリスは夏時間継続する方向のようですし、そんな中EU各国は足並みを揃えて夏時間廃止して時間を統一することが果たしてできるのかどうかについて記事を書いてみました。

尚、夏時間・冬時間については、過去に下記の記事でも詳しく書いています。もしよろしければ合わせてご参考ください。



世界で夏時間実施中の国はどこ?夏時間制度実施の理由・反対意見が多い理由について

ゲムフォレックス お祈りウサギ

現在(2021年10月29日)の世界で夏時間(サマータイム)制度を実施中の国や、過去実施していた国、一度も実施したことがない国については、下記Wikipediaに記載の世界地図を見るととてもわかりやすいです。

夏時間実施中・廃止中・やったことがない国々
夏時間実施中・廃止中の国々
引用元:Wikipedia「夏時間」

ご覧の通り、相場の中心でもある米欧が大半を占めているのがわかるかと思います。日本では第二次世界大戦後に一時期実施していたものの今は廃止されており、年2回夏時間⇔冬時間の切り替わり毎に米欧との時間差が変わってしまうので注意が必要ということです。

ここで、そもそもなぜ時間を固定にせず、夏時間⇔冬時間のようなめんどくさい切り替えをやっているのかですが、理由は主に以下3です。

  1. 省エネ、節電
  2. 活動時間増加による経済活性化
  3. 余暇の充実

まず、夏時間を実施したい国の特徴として高緯度だということですね。私も緯度が高めの北米の某都市に滞在していた時に体感してますが、夏は昼間がびっくりするくらい長いんですよねw 私がいたところでも21時半くらいまでは普通に明るかったですけど、緯度がもっと高い都市ならさらに日照時間長いでしょうしね。

この日照時間の長さを利用して、1時間ずらすことで省エネ・節電効果を期待できるというのがまず挙げられます。次に、活動時間が増えるので経済活性化に繋がるのではないかということと、仕事の後の余暇の時間を充実させたいというのも制度導入の理由ですね。

ところが、夏時間制度に反対する意見も多く、EUだけでなく、アメリカでもそういう傾向にあるようです。反対する理由は主に以下4点です。

  1. 省エネ効果があまりない
  2. 健康への悪影響
  3. 交通事故増加
  4. システム変更にかかる手間とコスト

4は下請けのITベンダーにとっては仕事が増えて有難い話かもですけど、それ以外の会社にとっては夏時間廃止してくれた方が余計なコストがかからなくて済むということですね。省エネ効果も実際にはあまりないし、健康に悪いし、交通事故も増えるしで、大していいことがない!という意見がどうやら多数派のようです。

2018年夏に欧州委員会がEU市民に対して調査を行ったところ、84%のEU市民が上記の理由で夏時間制度に反対しているのを受けて、欧州議会で提案されていました。



EU議会で2021年に夏時間を廃止する法案は可決済み!2022年から廃止の見込みだけど、各国との調整が進んでいない・・・

困ったペンギン

2019年3月、EUの欧州議会で2021年に夏時間制度を廃止する法案が可決されました。賛成410票、反対192票、棄権51票と大分差がついたようです。

現在はEU加盟国の代表との話し合いで、最終的に廃止するかどうかを決める段階なのですが、夏時間と冬時間のどちらを使うのか、加盟国間で足並みを揃えられるのかといったところで議論が止まっているようです。

これまでコロナ禍の影響でそれどころじゃなかったとも言われていますが、最近は少しずつ落ち着いてきてますし、そろそろ進みそうでしょうか?今のところまだ具体的には何も決まってないようですが・・・

EU各国で時差がバラバラになったらまずいので足並みを揃えないといけないのですが、この調整が難航すれば廃止時期は最大1年延長になるそうです。

ちなみに、この間EU離脱したばかりのイギリスは夏時間制度を継続する方向のようで、EU加盟国のイタリア(現首相はECB前総裁のマリオ・ドラギ)は夏時間制度継続をEUへ申請しているようです。こういう話を聞くと、EUの中で話をまとめるのに一筋縄ではいかなそうな気がするんですよね。

というのも、どうしてもブレグジットの時のEUとイギリスとの間でのあのグダグダ感を思い出してしまうんですよねw

カイジのハンチョウみたいにゴネられて悪足掻きされたら時間かかっちゃうかもしれませんねw

2021年の間に決められずに翌年に持ち越しになって、すごい時間かかりそうな気がするのですが、ちゃんと話をまとめられるのでしょうか?今後要注目ですね!

まあブレグジットの時と違って、この話題で相場が乱高下するようなことは今のところないとは思いますが・・・



夏時間⇒冬時間移行でトレーダーが気を付けるべきイベント・重要指標の時間について【2021年11月2日追記】

ゲムフォレックス ハート

最後に、夏時間⇒冬時間移行でトレーダーが気を付けるべき2021年のイベント・重要指標の時間(全て日本時間)について下記の通り表でまとめました。欧州11/1(月)~アメリカ11/8(月)~と順々に移行する為、11/1(月)の週だけNYカットとロンドンフィックスの間が2時間空くのでご注意ください。

 ~10/29(金)11/1(月)~11/8(月)~
ロンドン時間開始17時00分18時00分18時00分
NY時間開始22時30分22時30分23時30分
NYカット23時00分23時00分0時00分
ロンドンフィックス0時00分1時00分1時00分
 ~10/29(金)11/1(月)~11/8(月)~
FOMC3時00分3時00分4時00分
米雇用統計21時30分21時30分22時30分
ECB政策金利20時45分21時45分21時45分
BOE政策金利20時00分21時00分21時00分

尚、GEMFOREX公式サイトでは今のところまだお知らせページに記載がないですが、GEMFOREXの取引時間は11/8(月)から月曜7:10 ~ 土曜6:50(日本時間)になると思われます。

⇒本日お知らせページで取引時間の変更について記載されています。想定通りの時間ですね。念の為に一部引用して載せておきます。【2021年11月2日追記】

以下の日時よりサマータイムが終了となり、
取引時間が変更となりますのでご報告をさせて頂きます。

【適用日】
11月8日(月)

●現在の取引時間
日本時間:月曜6:10 ~ 土曜5:50
GMT +3

●変更後の取引時間
日本時間:月曜7:10 ~ 土曜6:50
GMT +2

取引時間に関する詳細につきましては、
以下をご参照くださいますようお願い致します。
https://gforex.asia/tradecondition/fx/businesshours.php

引用元:GEMFOREXからのお知らせ「重要:サマータイム終了のご案内

2021年12月1日(水)更新

現在GEMFOREXでは新規口座開設3万円ボーナスキャンペーンを開催中!

創業月200%ボーナスの直後に初回3万円ボーナスがくるとはいい意味で期待を裏切ってきましたねw ベッカムアンバサダー就任&50万口座達成記念キャンペーンとのことです。

次の入金100%ボーナスキャンペーンは恐らく12/8(水)からです。

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2021年12月7日(火)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • ユーロドル&ドル円がロング、ショートともにスワップポイントがプラス!
  • ノースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 上限500万円の入金100%ボーナスキャンペーンを隔週ペースで開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も中継手数料がかからないことが殆ど!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました