【4/6,3/29追記】【GEMFOREX】ポンドドル(GBPUSD)月足週足日足チャート分析 2021年3月25日 週足でトレンド転換する可能性大では?

ポンドドル週足_20210325

⇒状況がはっきり変わったと認識できたので、改めて週足・日足のチャート分析記事を追記しました。(2021年4月6日6時頃)

⇒記事公開後の値動きを受けて、改めて週足・日足のチャート分析記事を追記しました。(2021年3月29日23時頃)

「ポン様」「殺人通貨」「投資不適格」などの異名を持ち、ボラティリティーが大きくてトレーダーから大人気のポンドですが、ポンドドルのチャート分析記事は当ブログでは実は初ですねw 微妙な状況だったので今までずっとスルーしてましたが、昨日でようやく日足レベルで均衡が崩れてきているのを受けて、チャート分析記事をこれから書いていきます。



【GEMFOREX】ポンドドル(GBPUSD)月足

ポンドドル月足_20210325

2007年11月の2.11を起点に高値を切り下げてきましたが、去年の12月にこのラインを上抜けしてきており、この時点で上方向へトレンド転換かと思われるような形になりました。

ところが、2018年4月の直近高値(1.437)を更新できず、高値を切り下げるような形になりつつあります。1.437をしっかり上抜けできないとダウ崩しとはいえませんし、上目線にはできないですね。また、去年3月のコロナショックでつけた下値(1.14)起点の上昇チャネルを下抜けしそうな形にもなってます。ただ、ローソク足の形が未確定なのと、月足だとまだ微妙なので、ここから週足・日足と見ていきます。

【GEMFOREX】ポンドドル(GBPUSD)週足

ポンドドル週足_20210325

週足もまだ形が決まってるわけではないのですが、1.14起点の上昇チャネルを1年の時を経て初めてはっきりと下抜けしてきているように見えます。結構大きめの逆三尊を作って上げてきているので、この逆三尊上限の1.35付近と、20SMA辺りでは結構揉むかもしれないのと、もう1回1.437目指して上げてくるかもしれませんけど、そうなったとしても恐らく1.437をしっかり上抜けするのは難しく、ダブルトップか三尊を作っていずれは下に向かうのではないでしょうか?

1.35(さらにいえば200SMAも)を下抜けてチャートパターンを崩してきたらポンドなだけに結構なボラティリティーが出そうな気がしますが・・・



週足追記(2021年3月29日23時頃)

ポンドドル週足_20210329

先週末にポンドドル強含みになり、週足日足で見ると微妙だったのでこんなツイートしてました。で、実際週足は上記の通り微妙な形になってます。週足だと上昇チャネル下抜けしたとはいえないんですよね。20SMAも今までずっとサポートされてきたところなので、今回のタイミングで下に抜けるのかサポートされるのかはかなり微妙だと思ってます。20SMAより下にきても1.35が控えてますし、下がるにしても一筋縄ではいかなそう・・・というのが現時点での印象です。

この週足を見る限りでは、まだ様子見でいいのではないかと思ってます。

週足追記(2021年4月6日6時頃)

ポンドドル週足_20210406

再び週足で追記です。まず、20SMAでまだしっかりとサポートされている形になっているのと、上昇チャネル下抜けがまだしっかりと確認できていません。むしろ下髭長いローソク足2本揃えてから上にきてて強い形です。

まあ週足でも元々微妙ではありましたけど、現時点で下目線にはできないので引き続き当面様子見です。



【GEMFOREX】ポンドドル(GBPUSD)日足

ポンドドル日足_20210325

日足では実体で上昇チャネルを下抜けしてきました。ポンドなだけに油断大敵ですがw、これだけはっきりと下に抜けたのはここ1年では初めてなので、現時点ではトレ転の可能性が高いと見ていいのではないかと思ってます。

ちなみに、今ちょうど100SMA(ピンク色・現在1.36185)の目の前にいます。3回サポートされてるところなので意識はされるかもしれませんね。でも、それよりもその下の週足逆三尊上限の1.35(キャプチャしたチャートに引き忘れてたので手書きで加えましたw)の方が重要な気がしています。ここを一発で割ってくるのか、それとも暫く1.35-1.43レンジでパワー溜める展開なのかはわかりませんが、いずれにしてもここを割るかどうかが重要になってくるのではないかと思います。

日足・4時間足追記(2021年3月29日23時頃)

ポンドドル日足_20210329

日足で上昇チャネルを下抜けしてきた後ですが、今のところ元のチャネル下限で上げ止まってる形になっています。週足が微妙なので様子見スタンスではありますが、日足だとわりと上値が重い形です。

元のチャネル下限&20SMAでサポレジ転換して下に向かうか、それとも強引に水色のラインも含めて上にぶち抜いてこれるのか、今が勝負どころといえるのではないかと思います。

ただ、ポンドなだけに、これくらいの下ブレイクなら否定してくることは十分ありうるとも思ってますので、下有利の形ではあるものの、もうちょっと様子見していくつもりです。

ポンドドル4時間足_20210329

尚、参考までに横に長くした4時間足もキャプチャしてみました。こうして見ると、今のところ上昇チャネル下限&水色のライン&200SMAで上げ止まっているのがわかるかと思います。

ただ、この形を作ってきても、サポレジ転換で下げてこれるのかどうかなんとも言えないというのが正直なところなので、もう少し様子を見ていくつもりです。

日足追記(2021年4月6日6時頃)

ポンドドル日足_20210406

暫く上昇チャネルより下にきていましたが、その後下値を切り上げてきて、昨日のローソク足でチャネルの中にしっかりと戻してきました。水色の高値切り下げラインもしっかりと上ブレイクしてきて、ダブルボトムも決まっていて結構強い形ですね。

強い形になっていたので様子見スタンスにはしていましたが、これで日足だとむしろ上目線のチャートになったともいえます。ただし、月足で高値を切り下げる形になっていることには変わらず、やはり微妙と言わざるを得ないので、結果的に引き続き長期でスルーということにしたいと思います。

ちなみに、日足だとこんなトレンドラインの引き方もできますね・・・

ポンドドル日足_20210406-1

起点をずらすとこのように綺麗に上昇チャネル内に収まります。そもそもチャネル下抜けなんてしてなかった説ですw 正直こっちの方がしっくりくると思うのですが、日々いろんな視点でチャート見ていかないとダメですね・・・

念の為こういう引き方もあるということで共有の為に載せておきます。

編集後記

私自身ポンドクロスについては遊び以外ではもう何年もポジション取ってません。2016年のイギリス国民投票の前に要人発言だけで激しく上下動してた時にメインでやってた時がありましたけど、その後の国民投票後にちょっとトレードしてからはもう久しくやってないです。ポンド円がわずか数時間で30円下げの戦慄・・・未だに脳裏に焼き付いて忘れられませんw

ポンドのようなボラティリティーの大きい通貨は当然証拠金が大きい方が圧倒的に有利なので、トレードされる方は是非GEMFOREXの100%ボーナスとジャックポットを使って証拠金を増強することをお薦めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました