【GEMFOREX】ユーロドル(EURUSD)日足4時間足1時間足チャート分析 2021年1月21日 やはり1.205で底打ち?

ユーロドル日足_20210121

GEMFOREX

上限500万円の入金100%ボーナスキャンペーン開催中!

今回のキャンペーンは2021年9月30日(木)23時59分59秒まで

1/19(火)の時点で状況変わってたのでユーロドルの記事書きたかったのですが、ご存じの通りGEMのゴールドの件もあって書けませんでした。現時点ではトレンドラインをもっとはっきり上抜けしている状態なので、それを今から書いています。



【GEMFOREX】ユーロドル(EURUSD)日足

まず、日足では水色の下降チャネルを上に抜け、再び黄緑のチャネルの中に入ってきたという状況ですね。昨日は十字足に近い陰線を1本挟んでレンジでしたが、レンジでエネルギーを溜めてから再上昇してくるのではないかと今のところ考えています。

ローソク足の形も明けの明星で、1.205は1.16-1.234間の38.2%戻しボリンジャーバンド(この記事には載せてませんが)でも2σに引っかかる形で下げ止まっており、日足で見ても再上昇の押し目っぽい印象ではあります。

【GEMFOREX】ユーロドル(EURUSD)4時間足

黄緑の上昇チャネルを上に抜けた後、昨日の欧州時間に1.207台まで下押しがきましたが、その後赤線引いているところと、元の黄緑のトレンドラインでサポートされる形で下髭を作り、その後は強含みになっているという状況ですね。

1.21割って下押しきてた時にこんなツイートしてたのは、黄緑のトレンドラインを既に上抜けしている状況で、そこがサポートで使われる可能性が高いと考えていたからです。残念ながらラインタッチまで届かなかったので下値は1.2076止まりでしたがw

昨日の高値(1.2157)をしっかり上に抜けてきたらダウ崩しの形になるので、短期でも明確にトレ転サインと言えると思いますが、トレンドラインを上に抜けた後に既に下値を切り上げている形になっているので底打ちしてる可能性は上がったと思います。

水色の上のトレンドラインと200SMAがちょうど重なるところくらいまでは上がるかもしれませんね。長期上昇トレンド中なので、さらに上にぶち抜く可能性もあるとは思いますが・・・



【GEMFOREX】ユーロドル(EURUSD)1時間足

4時間足でも引いていた赤のラインで下げ止まって上昇し、今日の欧州でPivotタッチから200SMAを上に抜けてきました。ダウ崩しの形はまだですけど、以前あれだけサポートとして意識され続けていた1時間足の200SMAを上に抜けてくるようなら昨日の高値(1.2157)より上にくる可能性も高いのではないかと考えています。

200SMAより上にきた時にこんなことを呟いてましたが、つまりこういうことです。ほんとはもうちょっと早い時間帯にブログ更新したいところなんですがw

とはいっても暫くこの前後で揉むかもしれませんが。実体で上にきてるかもしれないけど騙しかもしれませんしw まあでも下は相当堅そうなので上にいくのも時間の問題ない気もしてますが・・・

追記(2021/1/21 22時過ぎ)

昨日の高値(1.2157)より上に今きていて、このままローソクの形が決まればダウ崩しでトレ転サインですね。水色のチャネル上限が1.217-8くらいですが、長期上昇トレンド中なのでここで上げ止まるとは限らないとは思ってます。

編集後記

チャートの画像をキャプチャしてからブログ記事書くまでにタイムラグがあると結構ハラハラするんですよね・・・書いてる最中に動かれるとまた作業やり直しになってしまうのでw まあということを書いてる間に1.2157より上に今きちゃってるんですがw

2021年9月28日(火)更新

現在GEMFOREXでは上限500万円の入金100%ボーナスを開催中!

レバレッジ1,000倍のトレードを倍の証拠金でできるチャンスです!

有利なトレードができるように賢くGEMを利用していきましょう!

今回のキャンペーンは2021年9月30日(木)23時59分59秒まで




GEMFOREXでトレードする主なメリット

  • ユーロドル&ドル円がロング、ショートともにスワップポイントがプラス!
  • ノースプレッド口座のスプレッドは国内業者並みで、取引手数料もなし!
  • 上限500万円の入金100%ボーナスキャンペーンを隔週ペースで開催!
  • 入金1,000%ジャックポットを常時開催!500%以上の当選確率が驚異の24%!
  • 他社の口座で含み損があれば、その分の補填ボーナスを受け取り可能!
  • 入出金の手数料無料!出金時も中継手数料がかからないことが殆ど!


口座開設方法については下記の記事をご参考ください。


にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへPVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました